国内

藤井棋聖の報道合戦 フジは元女流棋士アナ入社で一歩リード?

来春、フジテレビに入社する竹俣紅・元女流初段(写真/共同通信社)

 藤井聡太棋聖(18)の史上最年少タイトル獲得を新聞・テレビがこぞって取り上げた。関係者の間で話題になったのは、初タイトルが「棋聖」となった巡り合わせだ。

「竜王戦が読売、名人戦が朝日・毎日といった具合に、大手メディアがスポンサーを分け合っている。棋聖戦は産経新聞が主催。部数での苦戦もあってか、産経は昨年、囲碁の女流名人戦のスポンサーから撤退している。棋聖戦も主催を降りる可能性が囁かれたが、堪えたおかげで、“藤井くんの初タイトル”に巡り合わせた」(将棋連盟関係者)

 初タイトル獲得翌日となる7月17日の産経新聞紙面では、羽生善治九段の独占手記を掲載するなど、大々的に記事を展開。「フジサンケイグループをあげて藤井フィーバーを盛り上げるのでは」(同前)とみられていた。

 ただ、テレビとなるとまた別の難題が浮上する。

 藤井棋聖誕生の翌日の『バイキング』(フジテレビ系)では、女流棋士と大盤解説という将棋番組さながらのセットまで用意して、藤井棋聖の指し手の凄さを伝えようとした。スタジオでは山口恵梨子女流二段が解説役として登場。藤井棋聖の角の効きが悪いことを指して、

「お家に引きこもっちゃって全く働いてないんですよ。働いてなさ過ぎて、テレワークすらしてない」

 と喩えるも、出演していた東国原英夫氏に「ちょっと比喩がわからない」と言われてしまった。将棋ライターの松本博文氏が語る。

「藤井棋聖は熟練者が見ても難しい一手を指します。ワイドショーでは出演者も視聴者も藤井棋聖の将棋がわからないので、何を食べたかといった話題ばかりになるのは仕方ない面もあります」

 フジテレビが“勝負手”として期待を寄せるのが来春アナウンサーとして入社予定の竹俣紅・元女流初段だという。14歳で女流プロとなった竹俣は、大学在学中には“美人すぎる女流棋士”としてタレント活動をしていた。2019年に女流棋士を引退し、女子アナに転身する。

「遠藤龍之介社長は慶應大学将棋研究会出身で将棋連盟の非常勤理事も務めている。来年以降も藤井棋聖はタイトルを獲得していくと考えられるので、竹俣が解説役に抜擢されるのではとも囁かれています」(フジ関係者)

 竹俣の採用はフジテレビの“妙手”となるか。

※週刊ポスト2020年8月14・21日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
25年以上も趣味で歌い続けたジャズのコンサートを昨年行った吉川美代子
長野智子アナはラジオ帯番組で“アップデート”、吉川美代子アナはいまもTBSの研修を担当【女性キャスターたちの現在地】
女性セブン
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
Wエースの髙橋藍
バレーボール男子日本代表 石川祐希、高橋藍ほか注目選手たちの代表戦でしか見られないカット
女性セブン
ご出席がかなうかどうかはご体調次第(5月、栃木県塩谷郡。写真/JMPA)
雅子さまの訪英に主治医「極秘同行」か 全ての日程にご出席を果たして「完全復活」を証明するための“安心材料”に
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
佳子さまを取り上げない「宮内庁の公式インスタグラム」 今後の予定はあるのか?聞いてみた
週刊ポスト
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン