スポーツ

働きながら競技を続けるパラアスリート その収入と支出は?

パラスポーツのプロ選手はごくわずかだという(右から2人目が小須田潤太選手)

 一口にパラスポーツと言っても、障害の種類(身体障害、知的障害など)やその程度ごとに同じ競技でもクラスは細かく分かれる。特に身体障害者向けでは、義足や義手、車椅子などで競技専用の道具が用いられている。それらにかかる費用は、場合によっては相当高額なものとなるが、パラアスリートたちはどう工面しているのだろうか。

 競技に使う道具が選手のパフォーマンスに与える影響は大きく、仕様や性能、その調整などに妥協は許されない。パラリンピック東京大会に陸上100mと走り幅跳びで出場を狙う小須田潤太選手(29)は、競技用の大腿義足にかかる費用についてこう明かす。

「切断面(断端)を収納するソケット部分が20万〜30万円、膝の部分の『膝継手(ひざつぎて)』、足首部分の『足部(そくぶ)』を合わせて60万〜70万円ぐらいします(計100万円程度)。膝継手と足部は既製品ですが、それでも高価です。オーダーメイドのソケット部は、私の場合は日常用と兼用ですが、ソケット部を競技専用につくる人もいます。しかも競技用義足の足部(ブレード部分)は消耗品なので、激しくトレーニングすれば1年ぐらいで新調する必要があります」

 日常用義足の購入には各種公的保険が適用されるが、競技用義足は全額自己負担で購入するしかない。小須田選手によると、さらにウェアやシューズ代、練習場を借りる費用で年間30〜40万円が必要で、試合が遠方であれば遠征費などもこれに加算されるという。ちょっとした中古車を買うぐらいの費用が、競技を続けるだけで毎年かかってくるのだ。

 小須田選手の場合は、社員として勤務しているオープンハウス(総合不動産会社)が用具の購入・メインテナンスから遠征の渡航費まで、競技にかかる費用をすべて支出している。しかし、そうした環境はパラアスリートの中でもかなり恵まれているほうだという。

 社会人選手の場合、プロスポーツ選手として、企業からスポンサー契約を得て競技に専念できるのはほんの一握りでしかない。選手は、それぞれがさまざまな方法で日々の活動費を捻出しているのが現状だ。

 

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン