国際情報

【アメリカ発】著書の締め切りを破り続けるオバマの怠け癖

当初は楽園・バリで書き上げるつもりだったが(EPA=時事)

 8年間の大統領任期を終えて間もなく発表されたオバマ氏の自伝出版は、今も実現していない。6500万ドル(約70億円)という巨額の契約だったにもかかわらず。一体何が起きているのか。幅広いメディアで多数のコラムや記事を発表している著名ジャーナリストMonica Showalter氏が皮肉たっぷりに批判する。

 * * *
 法外な講演料と同じように、出版契約もまた、政治家にわいろを支払う方法の一つだ。だから、バラク・オバマ前大統領と妻のミシェル・オバマ氏が6500万ドルの法外な著書出版契約を結んだ時は仰天した。まともな金額ではない。

 それでも、ミシェルは契約通りに本を出したからまだいい。締め切りから18か月過ぎても、オバマ氏はまだ原稿を書き上げていないのだ。引退後は、いくつもの豪華なマンションから好きな場所を選んで生活し、それほど忙しくはなかった。しかし、それほどの巨額の契約金が危機に陥っているにもかかわらず、彼はまだ締め切りに間に合わないどころか、ゴールに近づいてさえいない。

 そんな様子を見ていると、そもそも彼の本を出すことなど重要ではなかったのではないかと思えてくる。たぶん、そうなのだろう。American Spectatorの記事によると、

《ミシェルの著書は、2018年11月に予定通り発売され、予想を上回る売り上げだった。オバマ氏の著書は少なくとも予定より2年遅れて出版されるが、その発売日は未定だ。

 ある出版関係者は、「この遅れは、印刷スケジュールや資金繰りに大混乱をもたらしている」と語った。「出版社内の懸念は増している。ミシェル氏の著書は好調だったが、オバマ氏はこの取引に価値を持たせるために、それなりの原稿と販売実績を示す必要がある」》

 出版社は18か月前に彼の原稿が必要だった。それから1年過ぎた時に、さらに猶予を与えたわけだが、それからまた6か月が過ぎた。さすがにそろそろ叫び声をあげる頃だ。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン