ライフ

全45巻7万円も完売間近 愛蔵版『ドラえもん』こだわりの中身

豪華愛蔵版全45巻セット『100年ドラえもん』の予約締め切りは間近

 連載50年を迎える『ドラえもん』(藤子・F・不二雄さん作)。そのメモリアルエディションとして12月1日に発売される豪華愛蔵版全45巻セット『100年ドラえもん』の完成披露発表会が8月14日、小学館で行われた。

 今回予約販売されるのは、『ドラえもん』てんとう虫コミックス・全45巻を“ドラえもんが誕生する100年後まで届けたい”をコンセプトに、保存性高く仕上げるべく注力し、用紙から印刷、製本まで徹底的にこだわった究極の愛蔵版だ。ドラえもんルームの徳山雅記編集長はそのコンセプトについて、こう話す。

「のび太の孫の孫のセワシ君が100年後の未来から連れてきてくれた“みんなの友達ロボット”ドラえもん。このドラえもんに僕たちは漫画を通してどれだけ助けられたかわかりません。この素晴らしい漫画体験を100年後の未来の子供達と分かち合いたい。そういう気持ちで、コミックスを今考えられる最高の仕様で紙の本にして、その手触り、紙をめくる体験のまま100年後に伝えたいという思いで制作しました」

 全巻の定価は7万円(税抜き)と高額だが、3月28日の予約開始から、コロナ禍にありながら予想を上回る申し込みが寄せられ、現在8月13日時点で7000セット超え。8月31日の予約締切までには12月1日お届け分の限定1万セットを超える見込みだという。

各巻の中に登場するひとコマを表紙に

 今回の愛蔵版には、さまざまなこだわりが込められ、たとえばカバーを開いた見返し部分には、越前の和紙メーカーが特別に作った完全オリジナルの「100ドラ透かし和紙」を使用。ドラえもんの顔と文字の透かし模様が楽しめるデザインとなっている。

 また、布クロス製のハードカバーには、未来に残すことを考え、汚れを防止する加工や、子供がジュースをこぼしても大丈夫なように撥水加工も施されている。

 表紙と裏表紙には、その巻に出てくるドラえもんと、のび太やドラえもんの仲間たちのひとコマをそのまま登場させた。ブックデザインを担当した名久井直子さんが振り返る。

「カバーに使っている絵を見たら、有名なお話や思い出深いお話も、この巻に入っていることがわかるように作っています。時代によってドラちゃんがちょっとずつ変形していったり、キャラクターみんなの顔がアップデートされていく様子を肌で感じていただけたらと思っています。

 今回、長くブックデザインの仕事をしている中で初めてですが、防汚や防水といった加工もしています。豪華版というと箱に入れたまま開かない印象がありますが、すごく軽く作っていますし、開きもすごくいい。のび太くんがよく座布団を二つ折りにしてゴロンと横になって漫画を読んでいますが、それが可能な作りになっていますので、たくさん漫画を読んでいただきたい」

関連記事

トピックス

スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
ニュージーランド戦を訪れた広瀬すず。日本は勝利
【バスケ界の“勝利の女神”】広瀬すずが日本代表戦を観戦 ドレスにバスケシューズのコーデで登場、選手と記念撮影も
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン
“ハシゴ不倫”の芝翫と妻・三田寛子
《三田寛子は達観》中村芝翫「家族揃っての親睦会」から「愛人の誕生日パーティー出席」の“ハシゴ不倫” 「周囲を警戒しながら、いそいそと邸宅へ…」
NEWSポストセブン
『朝だ!生です旅サラダ』を卒業する神田正輝(『下町ロケット』インスタグラムより)
《不測の事態に備える現場》神田正輝『旅サラダ』卒業の舞台裏「トーク中に突然倒れないか」番組サイドの“体調危惧”ともう1つの理由
NEWSポストセブン