• TOP
  • スポーツ
  • 渋野日向子がナイキ厚底靴で全英予選落ち「プロは鋲が常識」

スポーツ

2020.08.30 16:00  週刊ポスト

渋野日向子がナイキ厚底靴で全英予選落ち「プロは鋲が常識」

「新兵器」は不発に(R&A提供:ゲッティ=時事)

 2連覇をかけて全英女子オープン(8月20~23日)に臨んだ渋野日向子(21)は、2日目までに12オーバーを叩いて予選落ち。その結果に落胆しているのはファンだけではないようだ。

「渋野は今大会、“新兵器”を投入しています。クラブではなく、シューズ。以前からナイキの提供を受けていたが、今回は大会直前の練習ラウンドで『エアマックス270G』を試して、導入を決めた。初日、2日目とウェアに合わせて色を変えたが、かかと部分にクッションとなる分厚いエアが入っています」(ゴルフ担当記者)

“ナイキの厚底”といえば、マラソン競技などにおいて「ヴェイパーフライ」や「アルファフライ」などのズームシリーズが話題を席巻し、市民ランナーにも広く浸透した。ソールにカーボンプレートを装着し、反発力が得られる仕組みだったが、渋野のシューズとは素材などが違う。

「エアがあることで足裏にフィット感が生まれ、長い距離を歩いても疲れにくい特性があるといいます。もし連覇していれば、相当な宣伝効果になったでしょう」(同前)

 効果を聞くだけだと、“それってアマチュア向けなんじゃ……”という疑問も浮かぶ。

 結果、スコアは伸びず、ポットバンカーから出せずにトリプルボギー、ブッシュで空振りと、プレー内容も精彩を欠いた。プロゴルファーの沼沢聖一氏はこうみる。

関連記事

トピックス