• TOP
  • 国際情報
  • 韓国が“安倍ロス”か「敵対的共生のパートナー」辞任の波紋

国際情報

2020.09.01 07:00  NEWSポストセブン

韓国が“安倍ロス”か「敵対的共生のパートナー」辞任の波紋

問題となった「土下座像」(LeeJae Won/AFLO)

問題となった「土下座像」(LeeJae Won/AFLO)

 老婆心ながら心配なのは、安倍首相を模したとされる「慰安婦像に土下座する謝罪像」をこの7月に設置した植物園である。謝罪像を起爆剤に、休止していた園を再開させたというが、安倍首相が辞任してしまったら客寄せにならなくなってしまう。たった1か月ほどで、投資した資金を回収できたのだろうか。

【*注:引用文中の「竹やり歌」「土着倭寇」は、韓国の与党支持者を中心に、日本批判、韓国の保守派批判などの文脈で近年用いられる用語。「竹やり歌」は民衆による革命歌で、「思う存分、竹やり歌を歌い」というのは、文政権が支持者たちに日本への怒りの抵抗を煽ったという意味。「土着倭寇」は新しくできた造語で、韓国国内で日本に理解や共感を示す言動をする人に対する蔑称。韓国で「倭寇」は「鬼」ほどの意味がある】

●取材・文/清水典之(フリーライター)

関連記事

トピックス