ライフ

子供やペットをかわいく撮るコツ カメラを下げ、同じ視線に

ペットは同じ目線で撮影するのがコツ (写真/フォトカルチャー倶楽部)

 スマホの普及により、非常に身近になった写真撮影。時に写真は目で見る以上に美しく、魅力的な世界を見せてくれることもある。フォトエディターの板見浩史さんはこう話す。

「たとえば、被写体を大きく写せるマクロレンズで花を撮ると、繊細な雌しべや雄しべの姿が美しく写し出されます。また、絞りと呼ばれるF値を調節すると、背景をぼかして強調したい部分にピントが合う印象的な写真が撮れます。単に風景を切り取るだけでなく、自分が表現したい、人に見せたい写真が撮れる。するとどんどん楽しくなり、見慣れた風景や道端の花にも目が留まるようになります」

 板見さんが審査員を務める写真コンテストなどで、人気のテーマは“祭り”だという。

「やはり、人は人間に興味があるんです。いまは他人を撮るのが難しいご時世ですが、祭りだけは例外。みんなが盛り上がって、すべての人が主役。高揚した雰囲気の中に自分も入り込み、気持ちを高めながら撮ると本当に楽しいのです。それが写真にも表れる。撮影後“ストレスが解消した!”という人も多いです」(板見さん・以下同)

 自慢の写真をコンテストに出したり、家族や友人と共有したり、写真は社会との接点、コミュニケーションツールにもなるのだ。

「小さいお孫さんやペットは、グッとカメラを下げて同じ目線で撮ると、表情豊かにかわいく撮れます。少々足腰がキツいかもしれませんが、これも普段の目線では見られない写真ならではの楽しみ」

 板見さんが理事を務めるフォトカルチャー倶楽部にも多くのシニア会員が在籍し、写真教室やコンテストが行われているという。

「進化が著しいカメラ製品の情報交換や、撮影技術を先生がたに質問するなど高齢のかたがたはとても熱心。老化防止にもひと役買っているのではないでしょうか」

関連記事

トピックス

青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
「沖縄には、今なお様々な課題が残されています」と、陛下は沖縄の今後についても言及された(宮内庁提供)
沖縄本土復帰50周年 昭和、平成、令和と皇室で受け継がれる沖縄への祈り
女性セブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
新井恵理那
BTSと新井恵理那も気を配る「芸能人とメンタルヘルス」シビアな現実
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
4年近くにわたって“立法も質問主意書もゼロ”だった人たちは?(時事通信フォト)
4年間の活動で“立法も質問主意書もゼロ”国会議員たちの「言い分」
週刊ポスト
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン