ライフ

子供やペットをかわいく撮るコツ カメラを下げ、同じ視線に

ペットは同じ目線で撮影するのがコツ (写真/フォトカルチャー倶楽部)

 スマホの普及により、非常に身近になった写真撮影。時に写真は目で見る以上に美しく、魅力的な世界を見せてくれることもある。フォトエディターの板見浩史さんはこう話す。

「たとえば、被写体を大きく写せるマクロレンズで花を撮ると、繊細な雌しべや雄しべの姿が美しく写し出されます。また、絞りと呼ばれるF値を調節すると、背景をぼかして強調したい部分にピントが合う印象的な写真が撮れます。単に風景を切り取るだけでなく、自分が表現したい、人に見せたい写真が撮れる。するとどんどん楽しくなり、見慣れた風景や道端の花にも目が留まるようになります」

 板見さんが審査員を務める写真コンテストなどで、人気のテーマは“祭り”だという。

「やはり、人は人間に興味があるんです。いまは他人を撮るのが難しいご時世ですが、祭りだけは例外。みんなが盛り上がって、すべての人が主役。高揚した雰囲気の中に自分も入り込み、気持ちを高めながら撮ると本当に楽しいのです。それが写真にも表れる。撮影後“ストレスが解消した!”という人も多いです」(板見さん・以下同)

 自慢の写真をコンテストに出したり、家族や友人と共有したり、写真は社会との接点、コミュニケーションツールにもなるのだ。

「小さいお孫さんやペットは、グッとカメラを下げて同じ目線で撮ると、表情豊かにかわいく撮れます。少々足腰がキツいかもしれませんが、これも普段の目線では見られない写真ならではの楽しみ」

 板見さんが理事を務めるフォトカルチャー倶楽部にも多くのシニア会員が在籍し、写真教室やコンテストが行われているという。

「進化が著しいカメラ製品の情報交換や、撮影技術を先生がたに質問するなど高齢のかたがたはとても熱心。老化防止にもひと役買っているのではないでしょうか」

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
シリアスな役あkら、激しいアクションまで幅広くこなす北村
北村匠海、朝ドラ『あんぱん』で“やなせたかしさん役”として出演か 主演の今田美桜とは映画『東リベ』で共演し強い絆
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン