芸能

辻希美が救急搬送 ブログで明かさぬ「ひどい片頭痛」の症状

ブログだけで月に600万円稼ぐとも(時事通信フォト)

 9月6日の午後7時、救急車両が不穏なサイレンを鳴り響かせながら、都内の閑静な住宅街を走り抜けた。日曜日の夕食時という普段なら静かな時間帯に緊張感をもたらしたのは、人気ママタレを運ぶ車両だった。

「救急搬送されたのは辻希美さん(33才)です。ひどい片頭痛に加え、右目の視野が急に狭まったようです。意識はあったのですが、軽度の脳卒中が疑われたという話もあります」(全国紙社会部記者)

 辻といえば、いまや4児の母。12才のときからモーニング娘。で活躍し、20才で杉浦太陽(39才)と結婚してからはママとしての奮闘ぶりをブログに綴って人気を博し、最近はユーチューバーとしてもデビュー。イクメンの夫を持つママタレとしての存在感は芸能界のトップを争っている。

 その一方で、たびたび体調不良も報じられてきた。2013年には無菌性髄膜炎症候群で緊急入院している。

「発熱や嘔吐、頭痛が主な症状です。ウイルスによって脳の周りにある髄膜が炎症を起こすのが原因ですが、感染してしまうのは、主に過労などによって免疫力が低下したときです」(都内の脳神経内科医)

 昨年も健康番組に出演して継続的なめまいを訴え、血管迷走神経性前失神と過換気症候群の疑いがあると診断されていた。

「ブログでもたびたび通院について触れていました。最近も“謎に身体が疲れてる”と明かしていたから心配されていたんです。いちばん下の子はまだ1才ですし、4人の子供の育児と仕事の両立は心身に負担がかかるもの。

関連キーワード

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン