• TOP
  • スポーツ
  • 競馬新聞の「◎」 完全スカ率には新聞ごとに結構な差あり

スポーツ

2020.09.13 07:00  週刊ポスト

競馬新聞の「◎」 完全スカ率には新聞ごとに結構な差あり

競馬新聞の「◎」をどう捉えるか

 誰もが夢見るものの、なかなか現実にならない夢の馬券生活。調教助手を主人公にした作品もある気鋭の作家であり、「JRA重賞年鑑」にも毎年執筆する須藤靖貴氏が、競馬新聞の予想にある本命「◎」が、完全スカ(ハズレ)になる率についてお届けする。

 * * *
 ◎、本命である。予想紙のトラックマンはレースごとに◎を打つ。10名いれば10の◎が馬柱に散る(集中も)。これが完全スカ(ハズレ)になる率ってのはどのくらいだろうと思ったわけである。ある土日に検証してみたのだが、それがどんな意味合いを持つのかを深く考えなかった。でもやってみるもんだ。データはファクトだ。事実から見えてくるものもある。

 馴染みのA紙と初めて買うB紙の2紙でやってみた。札幌、新潟、小倉の3場開催、全72レース。A紙は27打席スカ(全滅)。B紙は18打席スカ。分母が72だからA紙のスカ率は8分の3。一方のB紙は4分の1。結構な差であろう。

 分母ということなら、何人のトラックマンが予想したかという点も勘案したい。極端な話、100人予想すりゃスカ率は下がる。B紙は10~12名なのに対し、A紙は最多で24名が予想している。このA紙、9Rあたりからぐっと参加人数が増えてくる。賑やかなのは良いけれどなぁ。B紙は1Rから最終Rまで一定である。

 競馬場別では日曜日の札幌が目を引く。12R中、B紙はスカ2回。一方のA紙は7回スカ。A紙ダメじゃんと思いきや、同日の新潟ではスカ1回(B紙は4回)。新潟の最終Rなどは24人中5人が◎を打って的中。B紙は12人が全スカだった。A紙、終わり良ければすべて良し、か。

 なにが見えてきたのか。競走馬を凝視するプロでも揃ってスカを食らうということ。B紙でも4分の1スカだ。

関連記事

トピックス