国内

ベトナム人女子留学生がバイト先のコンビニで感じた身の危険

コンビニでは多くの外国人留学生が働いている

コンビニでは多くの外国人留学生が働いている

 この数年、様々な場所のハラスメントが可視化され、「良くないこと」として止めるように求められてきたが、実際には、被害にあっている人が場所を追われることのほうが多い。とくに「お客様は神様です」が行きすぎていると指摘されることもある接客の現場では、カスタマーハラスメントに泣き寝入りさせられることが少なくない。俳人で著作家の日野百草氏が、今回は、「アニメおじさん」のためにコンビニで働くのをやめたベトナムからの女子留学生についてレポートする。

 * * *
「おじさん怖い。私もう会いたくないです」

 ベトナム人の女子留学生、ホアさん(仮名・20代)は小さな肩を震わせる。とても愛らしい女性で、本当は別の名前だが、ここは仮名でホア(ベトナム語で”花”の意味)さんとする。ベトナムの女の子は花の名前や季節(たとえばシュアン・春)などの名前が多い。ホアさんは日本で言うなら花子さんだ。ホアさんと仮名にするのは特定がどうこう以上に、身の危険があるためである。

「怖い人、アニメおじさん、いつも来ました」

 身の危険の原因はホアさんがかつて勤めていたアルバイト先のコンビニに来ていた男である。ホアさんが「アニメおじさん」と呼ぶ理由は後述する。ホアさんは彼の恐ろしさにコンビニを辞めたが、いまも怖がっている。

 ホアさん、まだ日本語学校に通い始めて1年ほどだが、日本のアニメや漫画が好きだったので多少は覚えたという。とくに『君の名は。』はベトナムの映画館で見て感動したそうだ。純愛ものが好きとのことで、『聲の形』や『天気の子』なども劇場で観たという。ベトナムは健全な作品という条件に限れば日本のアニメをたいてい観ることができる。とくに『ドラえもん』などはベトナムでも国民的アニメだし、『美少女戦士セーラームーン』もベトナムの少女には懐かしい作品だ。

「おじさん、優しいけど怒る、話長いの迷惑。仕事中なのに」

 そんなホアさんが憧れの日本に来て、勤め先で遭遇した男はいわゆる「クレーマー客」と呼ばれる人種だった。ホアさんは怖がっていても「おじさん」と丁寧に呼ぶ。ベトナムの英雄、ホー・チ・ミンの愛称「ホーおじさん」と同じように。ベトナムは年功序列、上下関係が徹底していてベトナム語でも男性女性、目上目下どころか年齢、性別によって人称代名詞も事細かに変わる。普通の女の子ならまず目上をぞんざいな言葉で呼んだりしない。

「ホアのため、ホアのため、って怒ります」

「アニメおじさん」とはなかなかキャッチーだが、ホアさんいわく、日本で言うところの中高年がアニメ好きというのはベトナムでは珍しいから素直に呼んでいるだけで悪意はないようだ。

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン