国内

ベトナム人女子留学生がバイト先のコンビニで感じた身の危険

コンビニの雑誌棚には、様々な種類の雑誌が並ぶ(AFP=時事)

コンビニの雑誌棚では区切られたスペースに陳列される成人向け雑誌(AFP=時事)

 悪い本とはどういうことか、私はもちろん察しがついたので言葉を選んで問い返すと、ホアさんもうなずく。要するに成人雑誌のことだ。昨年、コンビニから成人向け雑誌が原則、配置されなくなることがニュースになったが、加盟店の判断で今も1000店以上のコンビニで販売が続いている。そのコンビニの成人雑誌をおじさんがレジでホアさんに見せつけるように買うのだという。まあコンビニで正規に売っているわけで買うことに何の問題もないのだが、ホアさんによればあれはわざとだと言う。実際、立ち読みできないようにしているテープを剥がしてこれみよがしにあられもない見開きのままレジに出したりしたという。それも1度や2度ではないし、明らかにホアさんを選んで来ていることは当時の同僚も心配してくれていた。そんな嫌がらせも日本人店員なら気にしないかもしれないが、キスシーンすら手で顔を覆ってしまうというベトナム人の女の子からすればテロ行為である。

「日本だから仕方ないです。でも恥ずかしいです、ベトナムそういうのないです」

 ベトナムは性表現にとてつもなく厳しい。文化的にも思想的にもコンテンツとして性的なものはご法度、水着グラビアが関の山である。日本で売っているような成人雑誌はベトナムなら間違いなく罰金刑、下手すると公安に拘束される。ホアさんも年ごろの女の子、興味がないわけではないが、そういうことは好きな人とするものだと言う。ホアさんのバイトしていたコンビニは都内でも城東エリア、その手の本が充実している店はまだ多い。ホアさんの言葉をそのまま受け取るなら、おじさんはとんでもないセクハラ男である。店は守ってくれなかったのか。

「日本では悪いことじゃないです。お客さま神さまです。だから私が辞めました。怖いのは私だけだから」

 詳しい経緯は話してくれなかったが、結局その男から逃れるには店を辞めるしかなかったのだろう。客を出禁にしてまで守る店もあるが、大半はのらりくらり、本部も含めてよほどの犯罪行為でもない限り対処しないのが現実だ。言い方はあれだが店長や責任者の当たり外れという部分もある。はっきり言っておじさんの行為はストーカーそのものだが、警察が動くほどの法には触れていない。ホアさんは辞めて逃げるしかなかったということか。実はこの取材、最初はコンビニで働く外国人留学生の取材の一環だったが、モンスター客による女性店員の事件化されない日常の被害についての話に変わってしまった経緯がある。

「日本にいるから日本に従います。あたりまえのこと」

 外国人留学生のほとんどは礼儀正しく真面目な子たちだ。そもそも日本で凶悪犯罪に手を染める外国人はごくわずかで総検挙人員の2%前後、これはほぼ横ばいで変わりがない。ましてこれは日本人には適用されない入管法違反(特別法犯の約8割)も含めての話である。

「いつかベトナム人にもっと日本のアニメ見せたいです。ベトナムも作ることできます」

関連記事

トピックス