• TOP
  • 芸能
  • 森高千里が歌と旅した大好きなこの街 日本のよさを再確認

芸能

2020.09.17 07:00  週刊ポスト

森高千里が歌と旅した大好きなこの街 日本のよさを再確認

岩手県奥州市

青森県青森市

大阪府大阪市

熊本県熊本市

 

山形県鶴岡市

現在もコンスタントにステージに立つ森高千里

【PROFILE】もりたか・ちさと/1969年4月11日生まれ、熊本県出身。1986年、大塚製薬「第1回ポカリスエット・イメージガールコンテスト」でグランプリを受賞。1987年、映画『あいつに恋して』にヒロイン役で出演、主題歌『NEW SEASON』で歌手デビュー。『17才』『雨』『私がオバさんになっても』『渡良瀬橋』『気分爽快』『ララ サンシャイン』などヒット曲多数。1999年に結婚。一男一女の母。子育てを中心に活動を制限していたが、2012年、デビュー25周年を機にライブを再開。2019年には21年ぶりに全国ツアーを開催。テレビやラジオでも活躍している。http://www.moritaka-chisato.com/

 

◆『森高千里 「この街」が大好きよ』は集英社より9月25日発売(1600円+税) e-LineUP! Mallでは予約特典として生写真が付く。http://www.e-lineup.com/にて予約受付中。

◆21年ぶりの全国ツアー『「この街」TOUR 2019』より、故郷・熊本での26年ぶりの凱旋ライブを全20曲収録したBlu-rayが発売中。

※週刊ポスト2020年9月18・25日号

関連記事

トピックス