• TOP
  • 芸能
  • 『半沢直樹』の隠し要素 ネクタイの色で敵味方を分類か

芸能

2020.09.27 07:00  女性セブン

『半沢直樹』の隠し要素 ネクタイの色で敵味方を分類か

最終話に期待が高まる(写真/時事通信社)

 いよいよ最終回を迎える『半沢直樹』(TBS系)。全話視聴率20%超の大ヒットドラマでは、さりげなく登場する豪華キャストも注目の的だ。第7話では、上戸彩(35才)演じる半沢の妻・花が手伝うフラワーアレンジメント教室の先輩役で吉田羊が一瞬だけ登場した。

「吉田さんは前作(2013年)でもチョイ役で登場。第3話には来年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主役を務める吉沢亮さん(26才)が出演していました」(テレビ局関係者)

 ほかの池井戸作品とのコラボも続々実現している。段田安則(63才)演じる紀本常務が不正に利用した「白水銀行」は『下町ロケット』(TBS系)の佃製作所のメインバンク。また、第8話で浅野和之(66才)演じる半沢の大先輩で、“東京中央銀行の生き字引”こと富岡が読んでいたスポーツ新聞の見出しには「アストロズ今季全勝」の文字が並んでいた。

「アストロズは昨年放送された池井戸ドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)に登場したもともと弱小のラグビーチーム。放送後はネットでも『すごい強くなってる』と話題になりました」(前出・テレビ局関係者)

 半沢家の食卓に並ぶ料理は、前作と趣が異なっている。

「今作で花が用意する食事は、塩分控えめの和食。“おじさん”になった半沢のためによりヘルシーなメニューを用意しているのかも」(ドラマ関係者)

 料理といえば、劇中に登場するのはいずれも実在する店ばかりだ。第9話で半沢が土下座させられそうになったのは、ホテルニューオータニ(東京・港区)のフレンチレストラン「トゥールダルジャン 東京」。北大路欣也(77才)演じる中野渡頭取、柄本明(71才)演じる箕部幹事長ら大物は、ここで密会をしている。

「半沢行きつけの小料理屋女将の智美(井川遥)の店は『上越やすだ 恵比寿店』。ドラマにも実際の料理長が少しだけ出演しています。大和田取締役行きつけの料亭は東京・文京区のホテル『椿山荘』の料亭『錦水』。2話で半沢と渡真利がランチをした日本橋の『おさかな本舗 たいこ茶屋』では、『半沢シート』が人気になっています」(芸能関係者)

 最後にこんなトリビアがある。

「ネクタイの色で敵味方がわかるといわれています。半沢側は青など寒色系で、敵役は赤など暖色系。注目してみると“裏切り者”を見つけられるかもしれません」(前出・ドラマ関係者)

 最終回、半沢の1000倍返しはうまくいくのか、原作とは違う結末とは──テレビの前に座るしかなさそうだ。

※女性セブン2020年10月8日号

『半沢』で大和田を演じる香川は“名言”を毎回のように残した(時事通信フォト)

関連記事

トピックス