• TOP
  • スポーツ
  • 瀬戸大也の下半身問題 アスリート特有のホルモン事情が関係か

スポーツ

2020.10.05 16:00  週刊ポスト

瀬戸大也の下半身問題 アスリート特有のホルモン事情が関係か

高みを目指すからこそ漲るのか…(時事通信フォト)

高みを目指すからこそ漲るのか…(時事通信フォト)

 昼下がりに女性とラブホテルに入った直後に、2人の娘のお迎えに行く──。そんな「裏切りのクイックターン」が「週刊新潮」(10月1日号)に報じられた競泳の瀬戸大也(26)だが、翌週にはSNSでナンパした地方の女性や、六本木のホステスなどとの「メドレー不倫」だったことまで明らかになった。

 瀬戸は日本オリンピック委員会のシンボルアスリート、そして東京五輪競泳日本代表の主将も辞退し、所属するANAからは契約解除される事態となった。

 これまでもアスリートたちは“旺盛”が故のセックストラブルが多く報じられてきた。古くから「英雄色を好む」とはいわれるが、高みを目指す優秀なアスリートであればあるほど、やはり性欲も強いということだろうか。

 日本体育協会のスポーツドクターで代官山パークサイドクリニックの岡宮裕院長はこう語る。

「確かに、男女を問わずアスリートの性欲は一般人より強く、特に一流アスリートになればなるほど強いと言って良いでしょう。その謎を解く鍵は、筋肉量や筋力の成長を高め、闘争心や性欲を上昇させる男性ホルモンの一種『テストステロン』。この値がアスリートは一般人より高いのです」

 テストステロンは骨格や筋肉の成長を促進するホルモンで、違法なドーピングで使われる筋力増強剤の主成分にもなっている。生まれ持ってテストステロン値が高い一流アスリートがトレーニングを積んで筋肉量が増えると、好成績につながってトレーニングに力が入り、テストステロン値もさらに上昇していく。テストステロンは闘争心や性欲を高めるホルモンでもあるので、必然的に性欲も強くなるというのだ。

 アスリートが一般人より体力も性欲も高いとすれば、それを持て余すなかで瀬戸のようなスキャンダルが起こった、と考えることもできるのかもしれない。

※週刊ポスト2020年10月16・23日号

競技間でアスリートの「欲」に差が現れるのはなぜ?(時事通信フォト)

アスリートの「欲」は強い?(時事通信フォト)

関連記事

トピックス