芸能

『愛の不時着』トリビア 登場する音楽団にリアル脱北者も

制作発表会で“指ハート”をつくるヒョンビンと、両手でハートをつくるソン・イェジン(共同通信社)

“第4次韓流ブーム”を巻き起こすほどに、多くの人が夢中になっている韓国ドラマ『愛の不時着』。9月27日には、同作のヒロイン、ユン・セリを演じた女優ソン・イェジン(38才)が初のオンラインファンミーティング『会いに不時着!』を開催し、有料(約2時間で1800円)にもかかわらず4.5万人以上が視聴する、大盛況ぶりだった。

 今なお拡大する『愛の不時着』人気。ストーリーだけでなく、作品に登場するグッズや、設定、裏話、豆知識などを必死に調べるファンも増加しているという。そこで、多くの韓国ドラマファンがアクセスするブログ『One mere Korea』を運営する韓国・ソウル在住のブロガー・Misaさんに、よりドラマのおもしろさが増す「不時着トリビア」を聞いた。

宿敵との身長差

 主人公の将校ジョンヒョク(ヒョンビン)と敵対する上官のチョ・チョルガン。2人が向き合う、息をのむような緊迫したシーンには、こんな工夫があった。

「ヒョンビンはチョルガン役のオ・マンソクよりも10cmも背が高いんです。そのため、向き合うとどうしてもマンソクが見上げる形になる。最終的にはマンソクが台の上に乗り、目線を合わせる形にして撮影したそうです。

 実は、マンソクは役柄とは正反対のひょうきんな人で、台の上に乗った話もバラエティー番組に出演した際に自分で明かしていました」(Misaさん・以下同)

実はベテラン俳優

 第5中隊の最年少兵士クム・ウンドン役のタン・ジュンサン(17才)は、実はベテラン俳優だ。子役として幼少期から舞台で活躍しており、芸歴は10年以上に及ぶ。

 このため、同じく第5中隊で先輩兵士のキム・ジュモクを演じるユ・スビン(27才)から「先輩」と呼ばれていたそうだ。

ジウ姫も吹き出した未公開シーンとは

 そんなスビンが演じるのは、韓国ドラマが大好きすぎて国境警備中に『天国の階段』を見てしまう兵士。

 セリのはからいで憧れの女優であるチェ・ジウ(45才)と昼食をともにするシーンが印象深いが、撮影時には「緊張しすぎて、チェ・ジウのステーキも切り分けてしまう」「ステーキを拳で殴る」など、チェ・ジウがこらえきれずに笑ってしまうシーンがあったという。残念ながらカットされてしまったが、特典映像として公開されることを期待したい。

モンゴルで撮影

 現在は新型コロナの流行で訪れることが難しいが、海外渡航ができるようになれば、ロケ地を訪れたいファンも多いだろう。

「5話でジョンヒョクとセリがパスポート写真の撮影のために列車で平壌に向かうシーンは、モンゴルで撮影されました。そのため乗客役にはモンゴル人エキストラも多数参加したそうです」

音楽家はリアル脱北者

 列車の中でアコーディオンを演奏しながら合唱する音楽団の中には、実際に北朝鮮出身の音楽家も含まれていたとか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン