• TOP
  • 芸能
  • 40年以上の『ベルばら』ファン 作者直筆サイン入りお宝公開

芸能

2020.10.06 16:00  女性セブン

40年以上の『ベルばら』ファン 作者直筆サイン入りお宝公開

「マーガレット」3号分の応募券を貼って応募した中から1万名に当たった「ベルばら」手帳(写真/酒井オスカル子さん提供)

 多感な十代のころ、アイドルや俳優、ミュージシャン、アニメなど、何かに夢中になったことがあるという人も多いはす。そしてなかには、単なる“ファン”にとどまらず、自分のすべてをその対象に注ぎ、さらには何十年経ってもその愛情が薄れることのない人もいるだろう──。

 フランス革命前後を舞台に男装の麗人オスカルとフランス王妃マリー・アントワネットの数奇な運命を描いた少女漫画の金字塔『ベルサイユのばら』(池田理代子作/集英社)。1970年代から1980年代に爆発的なブームを巻き起こし、いまもなおその人気が衰えることはない。

 今回は『ベルサイユのばら』を40年以上愛し続けている酒井オスカル子さん(58才)とベルばら千尋さん(58才)の2人の女性に「お宝」について語っていただいた。

池田理代子先生のサイン入り。18年後、これに池田先生の生サイン(左側)を入れてもらった(写真/酒井オスカル子さん提供)

手帳

千尋:当時、私が欲しかったのは、『ベルばら』手帳と『ベルばら』皿。これは抽選でしか入手できなかったんです。酒井さん持っています?

酒井:両方とも持っていますよ。『ベルばら』皿は大人になってネットオークションで手に入れましたが、『ベルばら』手帳は自分で応募して当てたものと、先輩からもらったものと合計2冊あります。これに池田理代子先生から直筆でサインをもらったものが、私だけのお宝です。

千尋:池田理代子先生から直にいただいたんですか?

酒井:1992年夏のトークイベントとサイン会のときにいただきました。池田先生が「わぁ、私、当時こんなサインだったんだ~」と懐かしがりながら、サインをしてくださったことを覚えています。

千尋:それは貴重! うらやましいです。

関連記事

トピックス