• TOP
  • ライフ
  • 病気のサイン 「原因不明の肌荒れ」は大腸がんの可能性も

ライフ

2020.10.12 07:00  週刊ポスト

病気のサイン 「原因不明の肌荒れ」は大腸がんの可能性も

全身に現れる「体調不良のサイン」

全身に現れる「体調不良のサイン」

 ただでさえ億劫な通院、院内感染への不安もあってためらう人が多いという。だが、『放っておくとこわい症状大全』(ダイヤモンド社)の著者で循環器内科の名医・秋津壽男氏は、「些細な体調不良が、死に至る病のサインであることは少なくない」と話す。

「異変に気づくには、普段から『自分の正常』がどういう状態かを知っておく必要があります。日ごろから体温や体重、血圧などを測定して、便や尿の状態も確認しておく。そうすれば異変に素早く気づくことができます」(秋津医師)

 コロナ禍で、院内感染を怖れて通院を避ける高齢者が多いという。厚生労働省が発表した「全国の医療機関の患者数の変化」(8月19日)によると、5月の外来患者は前年同月比で2割減少した。

 だが、秋津医師はこう警鐘を鳴らす。

「日本人の新型コロナ感染者の死亡率は1%未満ですが、体のサインで見つかる病気には20~30%の確率で死に至る大病もあり、コロナよりはるかに怖い。

 最初は総合的に診てくれる町のクリニックを受診すれば、専門の病院を紹介してもらえるので、コロナを過剰に怖れるのではなく、体のSOSにきちんと耳を傾けて、早めに受診してほしい」

※週刊ポスト2020年10月16・23日号

関連記事

トピックス