ライフ

【鴻巣友季子氏書評】記号論の雄R・バルト殺害の謎に挑む

『言語の七番目の機能』ローラン・ビネ・著

『言語の七番目の機能』ローラン・ビネ・著

【書評】『言語の七番目の機能』/ローラン・ビネ・著 高橋啓・訳/東京創元社/3000円+税
【評者】鴻巣友季子(翻訳家)

 ユダヤ人大量殺戮の首謀者を素材に、『HHhH』で、日本でも旋風を巻きおこしたローラン・ビネ。期待の作者の最新長編ミステリである。記号論の雄ロラン・バルト殺害の謎に挑む。そう、バルトは小型トラックに撥ねられたのではなく殺されたのだ!?

 本書のタイトルを見ただけで、「もしや」と勘が働いた方もいるかもしれない。言語学者ヤコブソンが提言した言語機能の六分類。実は七番目があり、バルトはその未発表原稿を手に入れ、奪取しようとした何者かに殺された、というのが本書の奇想天外な「説」だ。往時の思想界の実在人物やその著作が綺羅星のごとく登場する。

 ソシュール、デリダ、ドゥルーズ、ガタリ、ラカン、サイード……。彼らは“小説の作中人物のように話す”わけで、バルトの自伝およびその有名な冒頭文に対するパロディになっているのだろう。

 しかも事件の捜査にあたるのが、バイヤール警視という。精神分析家ピエール・バイヤールのもじりだろうか(『アクロイド殺し』の真犯人を探しだすメタ・ミステリの著者)。若き研究者シモンとの凸凹コンビぶりが笑わせてくれる。

 史実に基づきながら、当然ながらふんだんなフェイクも盛りこむ。ずいぶん早く死んでしまう哲学者がいたり、誰かがなにかを切り落としたり、あの人がゲイサウナで……。

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン