国内

新設の「男女間暴力対策課」はLGBTの性暴力を扱わないのか

「男女」という概念について語り合った村木氏と治部氏

性的マイノリティとジェンダーについて語り合った治部れんげ氏と村木真紀氏

 10月1日、政府は性暴力やドメスティックバイオレンス(DV)の対策強化のために内閣府に「男女間暴力対策課」を新設した。しかし、性暴力やDVは決して「男女間」だけのものではない。このたび『虹色チェンジメーカー』を上梓したLGBTの人々が働きやすい職場づくりを支援するNPO法人「虹色ダイバーシティ」代表の村木真紀氏と、ジェンダー問題に詳しいジャーナリスト・治部れんげ氏が語り合った。

 * * *
村木:政府は10月1日、DVや性暴力への対策を強化するため、内閣府に設置されている「暴力対策推進室」を格上げし、「男女間暴力対策課」を新設しました。そのこと自体は素晴らしいのですが、名前がショックで。

治部:「男女」っていう点ですよね。

村木:そうなんです。「男女」という名前をつけられた時点で、「自分はそこにはまらない」と思う人たちが出てくる。ハードルが高い機関になってしまいます。LGBTは結構深刻なDVの被害に遭っている方も多いんですが、「男女」と言われると申告がしにくくなってしまうのではないかと危惧しています。ただでさえ被害に遭っていることを外から発見するのは難しいのに……。

治部:私はこのDVや性暴力とその対策に関しては、結構、取材をしたり原稿を書いたりしてきました。「男女間」になったことについては、そうじゃないっていう声も関係者の中ではあったんですけどね……。今、刑法の性犯罪規定をさらに見直していますし、性教育に関しても立案に向けて動いていて。数少ない女性閣僚の一人である上川陽子法務大臣は、ずっと性犯罪のことに真面目に取り組んでいて、「Spring」という被害者団体と連携して議連をつくって。この問題が進むんじゃないかっていう期待感がある中でのこの課の名前っていうのは、やはり残念だなと思いました。

村木:刑法の見直しについて言うと、これは3年前に「強姦罪」が改められて男性への性暴力も取り締まる「強制性交等罪」となったときに「3年ごとの見直し」規定が設けられて、今それをやっているところです。女性間でもDVは起きますし、男性器だけじゃなく手指や器具も含めるよう、要望が出されています。

治部:性的マイノリティの実情に即してください、ということですね。

村木:それから今、自殺が増えているという問題で、自殺の調書で警察がチェックをつける「経済問題」などの項目の中に「男女問題」もあるんです。でもじゃあLGBTはどうなるのか?と。LGBTの自殺率の高さは以前から指摘されていたのに、肝心の自殺の統計ではわからない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン