• TOP
  • 国内
  • 新設の「男女間暴力対策課」はLGBTの性暴力を扱わないのか

国内

2020.10.18 16:00  NEWSポストセブン

新設の「男女間暴力対策課」はLGBTの性暴力を扱わないのか

日本の教育においても、ジェンダーやLGBTへの言及が必要だろう

日本の教育においても、ジェンダーやLGBTへの言及が必要だろう

村木:今はLGBTが話題ということもあって取り組んでくれているところも、流行りが過ぎたらどうなるか…。やはり法律の裏付けというか、保障があってほしいです。

治部:今度、LGBTのセンターができるんですよね。

村木:そうなんです。もともと五輪のために予定されていたセンターで、「プライドハウス東京レガシー」という名前です。

治部:LGBTの課題は山積みでしょうけども、少し前進ですね。これからもジェンダーの問題と一緒にやっていけたらいいですね。

◆構成/後藤純一、撮影/国府田利光

【プロフィール】治部れんげ(じぶ・れんげ)/ジャーナリスト。1997年、一橋大学卒。日経BP社にて経済誌記者。2006~07年、ミシガン大学フルブライト客員研究員。2018年、一橋大学経営学修士課程修了。現在、昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員、東京大学大学院情報学環客員研究員、一般財団法人女性労働協会評議員など。著書に『「男女格差後進国」の衝撃』(小学館新書)、『炎上しない企業情報発信』(日本経済新聞出版社)ほか。二児の母。

【プロフィール】村木真紀(むらき・まき)/認定NPO法人「虹色ダイバーシティ」代表。1974年茨城県生まれ、京都大学総合人間学部卒業。社会保険労務士。日系大手製造業、外資系コンサルティング会社等を経て現職。LGBTQと職場に関する調査、講演活動を行なっている。日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー・2016チェンジメーカー賞」受賞。著書に『虹色チェンジメーカー』(小学館新書)がある。

関連記事

トピックス