• TOP
  • 国内
  • 「死にたい」と言う人の危険性を見極めるための「問い掛け」

国内

2020.10.19 11:00  女性セブン

「死にたい」と言う人の危険性を見極めるための「問い掛け」

「死にたいほどのつらさ」を抱えている人も(写真はイメージ 写真/アフロ)

 日本人の幸福度調査の結果は、先進国で最低レベルだという。これだけ治安がよく、飢え死にすることもない経済大国に暮らしていながら、日本人は幸福感を感じることができないでいる。貧困にしろ、孤独にしろ、「死にたいほどのつらさ」を抱えている人が何人もいるのだ。もし、あなたの周りで「死にたい」という言葉を発する人がいたら、どうすれば良いのか? 大分大学医学部精神神経医学講座教授の寺尾岳さんがいう。

「本当に死にたい人なんて、ほとんどいません。多くの人は、“耐え難いつらさ”を抱えている状態を“死にたい”という言葉で訴えているのです。臨床現場で、『死にたい』と言う人に“いまのつらい状況の原因を取り除けば、死ななくていいんだよね?”と尋ねると、“はい”と答える人ばかりです。本当に死ぬことが目的なのではなく、つらいことから逃れるために死を選ぼうとしているのです」

 寺尾さんは、「死にたい」という気持ちを吐露する患者に対し、ある問いかけをするという。

「声に出すことでガス抜きされて回復できる人が多い。半面、本当に死にたいと思っている人もいます。患者さんに“せっかく今日ここに来てくれたのだから、あなたの傷ついた心を、これから一緒に治療していきましょう。そのために、死なない約束をしてもらえますか?”と問い掛けます。

 そのとき、“はい。死ぬなんてことはしません”と即座に言うことができる人は、本気で死にたいとはあまり考えていない。でも、“そんな約束はできない”と答えたり、無言になったりするなら、自殺する危険性が高い。すぐに入院させるべきです。いずれにしても、“本当に死ぬ人は死にたいなんて言わない”という考えは間違いです」(寺尾さん)

【相談窓口】
「日本いのちの電話」
ナビダイヤル0570-783-556(午前10時~午後10時)
フリーダイヤル0120-783-556(毎日午後4時~午後9時、毎月10日午前8時~翌日午前8時)

※女性セブン2020年10月29日号

関連記事

トピックス