ビジネス

リモート疲れは限界レベルに 「第3の居場所」探しが不可欠

在宅勤務のストレスはピークに

在宅勤務のストレスはピークに

 終わりの見えないウィズコロナ時代が到来し、程度の差こそあれ、社会人や学生の在宅ワーク・スタディは定着しつつある。だが、ここにきて“リモート疲れ”が限界に達している人も多いという。その根本的な要因はどこにあるのか。同志社大学政策学部教授の太田肇氏がレポートする。

 * * *
 新型コロナウィルス対策としてリモートワークが取り入れられるようになって半年がたつ。「満員電車で通勤しなくてもよい」「いやな上司と顔を合わせなくてもよい」「子どもの世話をしながら仕事ができる」等々、当初は歓迎する人が多かった。

 大学も大半が4月からオンライン講義に切り替えたが、最初のうちは学生からも「実家で暮らせる」「朝寝坊ができる」という声がたくさん聞かれた。

 ところがリモート生活が1、2か月たったころから、「早く出社したい」「大学に行きたい」という声が徐々に大きくなった。そして夏を迎えるころになると、リモートの生活に疲れやストレスを訴える人が増えてきた。それはコロナ禍前の定番だった遠距離の通勤・通学、仕事やアルバイトによる疲労、人間関係のストレスなどとは違うタイプの疲れだ。

毎朝「涙が止まらない」学生も

 在宅勤務を続ける人たちは、「密室の中で一日中、監視されている気がする」とか、「自分の仕事が上司にどう受け止められ、評価されているかわからない」といった不安を口にする。「同僚が何をしているか気になって仕方がない」という人もいる。しかし不満があっても愚痴を聞いてくれる人がそばにいないし、不安を感じても相談する相手がいない。

 そのうえ一日中、家の中にいると精神的なストレスが溜まるし、家族との人間関係がギクシャクしてくることもある。それでも時々外で会食したり旅行に行ったりできればストレスを発散できるが、外食や宴会も、夏休みの旅行やお盆の帰省も自粛させられ、「疲れ」は溜まる一方だ。

リモート講義続きで憧れのキャンパスライフを送れずにいる学生たち

リモート講義続きで憧れのキャンパスライフを送れずにいる学生たち

 当初は学校に行かなくてもよいと喜んでいた学生たちも、授業への出席に代わる課題として与えられたレポートの山と一人で向き合う日々に空しさを感じるようになった。芸術や体育などの実技科目、それに語学も読み書きばかりでは疲れが溜まるばかりで思うように上達しない。

 そして、いちばんのストレスはなんといっても友だちと会えないことである。特に新入生は入学したものの登校しないので友だちができない。半年間、自宅や実家にこもりきりだと孤独感や孤立感に襲われるのは当然で、ある学生は毎朝、目覚めたら涙が止まらないと語っていた。なお秋田大学の調査では、学生の約1割にうつ症状が見られたという。

関連記事

トピックス

問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
『THE BET』でMCを務める池田美優と麒麟・川島明(番組公式サイトより)
《相次いで放送》ついに幼稚園でも開催、“かくれんぼ”番組はなぜ支持を集めるのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン