国際情報

窮地のトランプ支持者「大統領のコロナ感染は陰謀」と主張

ミシガン州議事堂前に停まるトランプ支持者のトラック(撮影/横田増生)

ミシガン州議事堂前に停まるトランプ支持者のトラック(撮影/横田増生)

 混乱するアメリカ大統領選挙。トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染したことで、選挙戦も厳しくなったかに見えるが、熱狂的なトランプ信者たちはそんなことは一切信じない。ジャーナリスト・横田増生氏が拾い上げた彼らの肉声を聞けば、米国の絶望的な“分断”が浮かび上がってくる。

「意図的にうつされたのよ」

 共和党の新型コロナに関する姿勢を私が直接体験したのは、9月22日のこと。共和党全国委員会のロナ・マクダニエル委員長が、ミシガン州都のランシングにやってくるというので、州の共和党本部に見に行った。

 トランプの支援者30人ほどが参加していたが、マスクをしている人はほとんどなく、ソーシャルディスタンスにも気を払っている様子もなかった。

 しかし、地元のテレビ局が取材に来る直前、現場の担当者が支援者に向かって「テレビに映るときは、必ずマスクを着用してください」と言い渡した。ただし、マクダニエルは、マスクをすることなくテレビのインタビューに答え、支援者に向かって話しかけた。

 そのマクダニエルが9月25日、ワシントンDCで開かれたトランプも参加した資金集めのイベントに参加。その後、新型コロナに感染したことがトランプの感染よりも前に発覚した。『ニューヨークタイムズ』紙は、トランプの感染経路の可能性の1つとしてマクダニエルの名前を挙げている。

 ここで大切になるのは、共和党の支持者たちのトランプ観である。特にトランプが重要視する、郊外に住む白人たちがトランプをどう見ているのか、という点だ。ミシガン州の郊外の住人の声を集めた。

 ゲイリー・メイヤー(80)は、新型コロナに罹ってもトランプ支持は揺らがない、と言う。

「すぐに快復して、また選挙活動を再開し、バイデンを倒してもらわないといけない。バイデンになれば、税金が上がるし、電気料金も値上げになるからな」と言う。

 ダナ・キャメロン(70)は、新型コロナの陰謀説を唱える。

「大統領がコロナに罹ったのは、きっと陰謀なのよ。意図的にコロナをうつされたのよ。大統領がコロナに罹れば、一番得をするのは誰かを考えてみれば分かるわよね」

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン