芸能

伊勢谷友介 黒木瞳に送った「直筆の謝罪手紙」に込めた祈り

猛省の日々を送っている(時事通信フォト)

 大麻取締法違反の罪で逮捕された伊勢谷友介(44)は、9月30日の夜に保釈された。近年はドラマや映画に欠かせない名バイプレイヤーになっていたため、芸能界に大きな影響を与えた。

「今後に公開を控える出演映画は5本もありました。彼は全ての映画配給会社に謝罪のため直接訪問しています。作品の関係者にも頭を下げていて、直接会う人もいれば、手紙を送る場合もあるとか。あの黒木瞳さん(60才)には直筆の手紙を送ったようです」(映画関係者)

 不幸中の幸いというべきか、伊勢谷の出演作はどれもノーカットでの公開が決定。そのうち11月に公開される『十二単衣を着た悪魔』の監督が黒木である。原作は内館牧子の長編小説。現代のフリーターが突然『源氏物語』の世界へタイムスリップし、美しきヒロインと出会い、次第に変わっていく姿が描かれている。黒木は伊勢谷の逮捕を知り、顔面蒼白だったという。

「今回は監督3作品目。前2作はそれほど振るわず、黒木さんにとっては今後を占う勝負作でした。自ら映画会社に売り込んだほどの力の入れようでしたし、伊勢谷さんもそのことを知っていた。それゆえ、手紙で謝罪や映画への思いを綴ったと聞いています」(映画製作関係者)

 伊勢谷は逮捕後、ファンや関係各所に向けた直筆の謝罪文を公開していた。トメやハネがシッカリとした筆圧が強めの文字が印象的だったが、黒木には個人的に直筆の手紙を送ったという。

「伊勢谷さんは黒木さんの演出の妙に胸を打たれ、それがどう映像化されるのか楽しみだったのに、こんな形で迷惑をかけたことを悔い、侘びたようです。映画に対する熱い思いも語られていたとか。手紙の大半は謝罪でしたが、現在は罪を償うため反省の日々を送り、そして映画の成功を祈念する言葉もあったと聞いています」(伊勢谷の知人)

 伊勢谷は初犯のため執行猶予付きの判決が濃厚だとされるが、今後はどうなるのか。

「昨年、麻薬取締法違反で逮捕され、懲役1年6か月執行猶予3年の判決が出たピエール瀧さんは、約1年で俳優復帰しました。これまでの“執行猶予期間中は謹慎”という不文律は変わりつつあります。もともと社会貢献活動に積極的だった伊勢谷さんは、最低でも1年はボランティア活動に従事し、その後、復帰の道を探ることになるといわれています」(前出・映画関係者)

 黒木に“恩返し”する日はいつになるのか。

※女性セブン2020年11月5・12日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン