芸能

伊勢谷友介 黒木瞳に送った「直筆の謝罪手紙」に込めた祈り

猛省の日々を送っている(時事通信フォト)

 大麻取締法違反の罪で逮捕された伊勢谷友介(44)は、9月30日の夜に保釈された。近年はドラマや映画に欠かせない名バイプレイヤーになっていたため、芸能界に大きな影響を与えた。

「今後に公開を控える出演映画は5本もありました。彼は全ての映画配給会社に謝罪のため直接訪問しています。作品の関係者にも頭を下げていて、直接会う人もいれば、手紙を送る場合もあるとか。あの黒木瞳さん(60才)には直筆の手紙を送ったようです」(映画関係者)

 不幸中の幸いというべきか、伊勢谷の出演作はどれもノーカットでの公開が決定。そのうち11月に公開される『十二単衣を着た悪魔』の監督が黒木である。原作は内館牧子の長編小説。現代のフリーターが突然『源氏物語』の世界へタイムスリップし、美しきヒロインと出会い、次第に変わっていく姿が描かれている。黒木は伊勢谷の逮捕を知り、顔面蒼白だったという。

「今回は監督3作品目。前2作はそれほど振るわず、黒木さんにとっては今後を占う勝負作でした。自ら映画会社に売り込んだほどの力の入れようでしたし、伊勢谷さんもそのことを知っていた。それゆえ、手紙で謝罪や映画への思いを綴ったと聞いています」(映画製作関係者)

 伊勢谷は逮捕後、ファンや関係各所に向けた直筆の謝罪文を公開していた。トメやハネがシッカリとした筆圧が強めの文字が印象的だったが、黒木には個人的に直筆の手紙を送ったという。

「伊勢谷さんは黒木さんの演出の妙に胸を打たれ、それがどう映像化されるのか楽しみだったのに、こんな形で迷惑をかけたことを悔い、侘びたようです。映画に対する熱い思いも語られていたとか。手紙の大半は謝罪でしたが、現在は罪を償うため反省の日々を送り、そして映画の成功を祈念する言葉もあったと聞いています」(伊勢谷の知人)

 伊勢谷は初犯のため執行猶予付きの判決が濃厚だとされるが、今後はどうなるのか。

「昨年、麻薬取締法違反で逮捕され、懲役1年6か月執行猶予3年の判決が出たピエール瀧さんは、約1年で俳優復帰しました。これまでの“執行猶予期間中は謹慎”という不文律は変わりつつあります。もともと社会貢献活動に積極的だった伊勢谷さんは、最低でも1年はボランティア活動に従事し、その後、復帰の道を探ることになるといわれています」(前出・映画関係者)

 黒木に“恩返し”する日はいつになるのか。

※女性セブン2020年11月5・12日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
《『すぽると』も!》重用か依存か、フジテレビの千鳥起用がさらに進む背景 他局に比べてレギュラーの数が突出
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン