ライフ

変わった名前、偉人の名前を我が子につけない方がいい理由

ネット・SNS全盛時代では子供の名前にも注意が必要(イメージ)

ネット・SNS全盛時代では子供の名前にも注意が必要(イメージ)

 提示されたひとつのお題に対して、とんちをきかせて次々と小ネタを披露していく大喜利が、ネットではしばしば繰り広げられる。日々のニュースが自然発生的にネット大喜利のお題になってしまうことも、珍しくない。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏は、ある事件のニュースから始まったネット大喜利とその盛り上がりを見て、「名付けは慎重になるべき」と感じたという。以下、中川氏の考察だ。

 * * *
 宅配便の配達員の男(23)が、配達で行った家に干されてあった30代女性の下着1枚を盗み逮捕された。この件が報じられた時、匿名掲示板・5ちゃんねるは大盛り上がりだった。この件が与えてくれた示唆は「変わった名前・偉人の名前を生まれてくる我が子につけてはならない」だ。

 この手の事件の場合、「70代女性の下着を盗んだ」や「女性物だと思い、38歳男性の黒いTバックを盗んだ」などだとネットは盛り上がるが、20~30代女性の下着を盗んでも特に話題にはならない。今回なぜ盛り上がったかといえば、男の名前が「孔明」だったからだ。

『三国志』の天才軍師として名高い諸葛亮孔明にちなんだ名前と思われるが、そんな男がまさかの下着泥棒である。結局「名前負け」してしまったわけだ。盗まれた女性には申し訳ないが、全国ニュースで取り上げられ、ネットで散々話題にされるような事件ではない。

 5ちゃんにはこんなことが書き込まれる。横山光輝の漫画『三国志』の世界観がよく表れている。

「ゲェ!孔明」「泣いて下着を盗る」「孔明が罠にかかったぞ!」「魏、呉、エロの三分の計」「○○孔明、干せるパンティを盗する」「生の下着生ける孔明を走らす」

 これらは「泣いて馬謖を斬る」や「死せる孔明、生ける仲達を走らす」などにひっかけているのだが、男の名前が「孔明」というだけでここまでの騒ぎになってしまうのである。

 さらに、過去には別の「孔明」が2人逮捕されていることも発掘された。一つは会社員を襲い現金を奪った20歳の男で、もう一つは孫になりすまして80代の男性から現金250万円を騙し取ろうとした22歳の男。いずれの件も今回同様盛り上がった。ネットの人々は単に「名前」だけで盛り上がれるのだ。

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン