国内

かつて「飛び降り巻き添え事件」の現場に居合わせた人の無念

待ち合わせにもよく利用される大阪・梅田の「HEP FIVE(ヘップファイブ)」

待ち合わせにもよく利用される大阪・梅田の「HEP FIVE(ヘップファイブ)」

 北海道拓殖銀行と山一證券が倒産した翌年の1998年、日本の自殺者数は前年を約8千人上回り3万人の大台を超え、2011年まで3万人超を記録し続けた。2006年に制定された自殺対策基本法にもとづく様々な施策や、専門家や関係者たちの様々な活動、そして雇用状況が上向きになったおかげか、2019年は2万169人にまで減少した(警視庁調べ)。ところが、新型コロナウイルスが猛威を振るい始めた2020年、風向きが微妙に変わる気配が出始めている。俳人で著作家の日野百草氏が、今回は、報道によって無意識のうちに封印していた13年前の類似の事故の記憶を呼び覚まされた人の複雑な思いについてレポートする。

 * * *
「あのときの記憶が蘇りましたね、日野さんも覚えてるでしょ」

 私の旧知の編集者、かつて池袋で編集プロダクションを立ち上げたことのある風間卓人さん(仮名・50代)が電話口で当時 ―― 13年前の事件について話してくれた。現在は諸事情から埼玉県内の自宅兼事務所で仕事を続けているが、2007年、出版社の経営不振からリストラに遭い独立。それでも悲壮感などなく、紙に固執することもなく携帯コミック制作の受託に目をつけて順風な船出であった。

「飛び降りて来てドカーン! って。パルコのとこですよ、日野さんのとこ行く途中だった」

 よく覚えている。私も自宅とは別に寝床兼趣味の部屋を南池袋に借りていた。南池袋とは言っても雑司が谷霊園に近い風呂なしトイレ共同の木造アパート。いまは駐車場になっているが、風間さんも何度か訪ねて来たことがある。その日も一緒に昼飯を食べる予定だった。

「まさか人間が降ってくるなんて思いませんよ、車がぶつかったような大きな音で、てっきり交通事故でもあったのかと思ったら後ろで人が倒れてた」

 池袋東口駅前の明治通りは交通量も人出も尋常でない。よく事故が起こる場所で私も車で信号待ちをしていたら営業車に追突された。追突してきた営業マン曰く考え事をしていたという。幸いコツンとされただけで大したことはなかったが、赤信号の列の後ろについているだけでも理不尽な事故に遭う。しかし風間さんの遭遇した理不尽はこんなものではない。空から人が降ってきて、路上の人を直撃した。13年前、そのただ中にいた。

「だから大阪で起きた事件のニュースを見たら思い出しちゃって。まったくおんなじですから」

「大阪で起きた事件」とは10月23日、大阪梅田駅の「HEP FIVE」屋上から17歳の男子高校生が飛び降りて路上の女子大学生に激突、高校生は即死、被害者の女子大学生も翌日死亡した事件のことだ。そして「まったくおんなじ」とは2007年、東京池袋駅の「パルコ」屋上からの飛び降り事件のことだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン