• TOP
  • 芸能
  • LiSA、まるで鬼殺隊な私服姿 鬼滅ブームのアイコン的存在に

芸能

2020.11.09 16:00  NEWSポストセブン

LiSA、まるで鬼殺隊な私服姿 鬼滅ブームのアイコン的存在に

ピンク髪やインパクトある恰好で歩くLiSAを発見

ピンク髪、インパクトある恰好で歩くLiSAをキャッチ

 10月下旬、東京都内の繁華街を闊歩するド派手な女性。今、日本中で最も注目を浴びているアーティストLiSA(33才)である。10月14日に発売したシングル『炎(ほむら)』は、オリコン週間シングルチャートで3週連続1位と快走中。公開24日間で、興行収入204億円と観客動員1537万人を突破と、日本映画史上最速最大のヒットとなるアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌を歌う“アニソン歌手”だ。早くも「紅白内定」の報道まで飛び出している。

 黒のブーツには、歩くたびにジャラジャラ鳴る装飾品。髪の毛はピンクと金髪。イエローブラウンの格子柄のジャケットは、『鬼滅の刃』の主人公で鬼を倒す「鬼殺隊」のメンバーである竈門炭治郎の羽織(の色違い)か、その仲間である我妻善逸の羽織のようにも見える。

 プライベートでも、鬼滅ブームのアイコン的存在になっているようなのだ。

 その実力は折り紙付き。昨年の大晦日に放送されたNHK紅白歌合戦では『鬼滅の刃』のテレビアニメ版主題歌『紅蓮華』で初出場。それ以前から、日本武道館や横浜アリーナでソロライブを行うほどの人気を誇っていた。

 10代から故郷の岐阜のロックバンドで活動。デビューを目指して単身上京すると、10年前のテレビアニメ『Angel Beats!』の劇中バンドのボーカルヒロインの歌唱を担当して人気を得た。

 翌2011年にLiSAとしてソロデビューすると、すぐにアニソン歌手としてオリコン常連となり、台湾やメキシコでもソロライブを開催するほどに活躍。あるアニメ制作会社関係者は「数々のアニソンを歌ってきて、昨年にスタートしたテレビアニメ『鬼滅の刃』では、製作のアニプレックス社が、満を持してエースのLiSAを起用した形でした」と語った。

 また「鬼滅のブレークのきっかけは、アニメの美しさと同時に、LiSAの主題歌『紅蓮華』が傑作だったから。今では『歴代のアニメソング人気ランキング』で、20年以上不動の1位の『残酷な天使のテーゼ』(新世紀エヴァンゲリオン)を猛追する2位となっています」(同前)と、LiSAの影響力を解説した。

 今年1月には、声優の鈴木達央(36才)と結婚して、公私ともに幸せいっぱい。

関連記事

トピックス