芸能

坂口杏里「なんて日だ」絶叫、“監禁”と通報し警察で尿検査

ベッドに座り虚ろな目でスマホを見つめる坂口杏里

ベッドに座り虚ろな目でスマホを見つめる坂口杏里

 ベッドに座り、虚ろな目でスマホを見つめる茶髪の女性。突然、甲高い声で「ぜぇ~んぜぇ~んわらえぇなぁぁいーんだけどぉぉぉ!!」と、異様に語尾を伸ばしながら叫び、その後、急に黙り込む。

 再びの絶叫は、かつて交際していたお笑い芸人の持ちネタの、あの言葉だった。

「なんて日だぁぁぁぁ~~~!」
 
 この間、視線を動かすことが一度たりともないのが、余計に薄気味悪さを増していた。
 
 女性は元タレントの坂口杏里(29才)。女優の坂口良子さん(享年57)の長女である。

「2008年頃から良子さんとセットでバラエティー番組に出演する機会が増え、おバカタレントとしても活躍していました」(芸能関係者)
 
 2013年3月に良子さんが亡くなった後、坂口のホストクラブ通いについて、高額な遺産とセットで報じられることが目立っていった。

「2016年に当時の所属事務所を離れてからは、波乱万丈そのもの。AVデビューを皮切りに、キャバクラや風俗店で働くなど夜の世界に溺れていった。この時期に2度、ホストとのトラブルで逮捕されています」(前出・芸能関係者)

 今年の夏からは新宿・歌舞伎町のバーで働き始めていた。

 坂口の知人の話。

「杏里はほぼ毎日のように出勤していましたね。場所柄、一見さんが来る店ではないので、積極的に知り合いに営業連絡をしていました。この数か月は、最近の中ではいちばん落ち着いて見えましたね」

 変化があったのは、10月中旬のこと。坂口が無断欠勤を数日続けたという。この店のオーナーが話を継ぐ。

関連記事

トピックス

深田恭子と杉本会長(時事通信フォト)
《結婚目前で破局》深田恭子の交際相手が購入していた「平均販売価格20億円の超高級レジデンス」と「ハリー・ウィンストンの指輪」
NEWSポストセブン
イケメンを“お持ち帰り”した王林
王林に初ロマンス カラオケバーで意気投合した男性歌手を“お持ち帰り”、グイグイ引っ張りホテルへ
女性セブン
「KANA-BOON」のドラム担当・小泉貴裕
《ほんまに俺の子?》「KANA-BOON」ドラム担当が20代アイドルと妊娠・中絶トラブル 結婚ほのめかしながら交際、最後は「事務所が認めてくれない」
NEWSポストセブン
X JAPANメンバーが揃うことはもうない
「Toshlは自分だけが不参加だったことを翌日の報道で知った」YOSHIKI発起人のHEATHさんお別れ会の裏側
女性セブン
2022年8月、日本に強制送還された森川光被告
《国際ロマンス詐欺》男女30人から約1.1億円詐取で「懲役10年、罰金200万円」判決 “主犯格”が独占告白「控訴を考えている」
NEWSポストセブン
“泥酔キス”トラブルが報じられた自民党の山口晋・衆議院議員(写真/共同通信社)
“泥酔キス騒動”の山口晋・衆院議員に公選法違反疑惑が浮上 選挙区内の3自治体に計1500万円の寄附
週刊ポスト
ハラスメント行為が報じられた安楽(時事通信フォト)
【楽天・安楽パワハラ騒動】自由契約発表前でも「グッズがぜんぜんない!」仙台ファンの間で物議を醸していた“もう一つの騒動”
NEWSポストセブン
深田恭子(時事通信フォト)
《ハートどら焼きも》深田恭子、“二股”疑惑の演出家A氏がインスタに投稿していた生々しい「匂わせ画像」の数々
NEWSポストセブン
歌手活動を無期限休止中の氷川きよし
《姿を消した氷川きよしの今》歌手活動の無期限休止から1年、カジュアルコーデで現れた意外な場所「外国でいろいろチャレンジしたい」と海外志向も
NEWSポストセブン
羽生結弦(時事通信フォト)
【羽生結弦「105日間の新婚生活」の真相】母親はお相手を“完無視”か、“追い出し部屋”と化していた愛の巣
女性セブン
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
女性セブン
胸元があいたドレス姿の深田と杉本会長
《ゴールイン間近の急転》深田恭子が経営者恋人と破局 主演ドラマ演出家との“二股”がバレて結婚は白紙に!
女性セブン