国内

眞子さま結婚問題にも影響か 小室圭さん母が「極秘通院」

明治神宮(東京・渋谷区)を参拝され、堂々としたお姿を見せられた眞子さま(11月6日、撮影/JMPA)

明治神宮(東京・渋谷区)を参拝され、堂々としたお姿を見せられた眞子さま(11月6日、撮影/JMPA)

「立皇嗣の礼」が11月8日に終了し、「皇嗣家」としてなった秋篠宮家。その一方で、長女・眞子さまの結婚問題は一向に進展がない。宮内庁は13日、眞子さまの結婚に関するお気持ちをまとめた文書を公表した。眞子さまは「結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です」としながらも、今後の予定については「お知らせすることは難しい状況」と説明した。

 婚約予定者の小室圭さんはニューヨークでフォーダム大学ロースクールに通っており、経済基盤は安定していない。そのうえ、母の佳代さんの金銭トラブルも解決していない。

 佳代さんの元婚約者の代理人は「金銭トラブルに進捗はなく、元婚約者もその話はしなくなっています」と言う。

 息子の結婚問題が遅々として解決に向かわない現状に胸を痛めているのは、ほかならぬ母・佳代さんだろう。「近頃は早朝に出かけたり、訪問客には自分で応対したりと、元気な様子」(近隣住民)というが、その一方で、ある“異変”があったという。

「先日、慌てた様子で、同居するお父さんの手を引いて、タクシーに乗り込む佳代さんの姿を見かけました。お父さんはご高齢ですし、最近は体調を崩したという話もありましたから、病院に駆け込んだのでしょうか……。しかも、佳代さん自身も心身のバランスを崩し、定期的にクリニックに通っているそうです。気丈に振る舞っているようですが、苦しい気持ちを抱えているのかもしれません」(近隣住民)

 眞子さまは佳代さんと定期的に連絡を取り合われる仲だという。佳代さんのそうした不調についてもご存じだろう。

「その要因をつくったのは自分だと、ショックを感じられているかもしれません。責任感の強い眞子さまのことですから、秋篠宮家にとって重要な儀式である立皇嗣の礼を終えられたいま、“早く結婚して、小室家を支えなければ”と、思いを強くされているのではないでしょうか」(前出・皇室関係者)

 皇嗣家を去り、小室家を支える妻として──眞子さまの未来絵図はいかばかりか。

※女性セブン2020年11月26日号

関連記事

トピックス

松本潤
松本潤、新会社の登記簿に「仮想通貨の企画」「美容サロンの経営」「農業」の項目 幅広い人脈から見えるビジネスの勝算
女性セブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
里崎智也氏が「みられるための戦略」を語り尽くす(撮影/田中智久)
【野球YouTube動画総再生回数No.1】里崎智也が明かす“みられるための戦略”「テレビで言えないけど、話したいことが山のようにあった」
週刊ポスト
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン