秋篠宮さま一覧

【秋篠宮さま】に関するニュースを集めたページです。

ホワイトのロングドレスで初めて明治神宮を参拝された(4月、東京・渋谷区。写真/JMPA)
宮内庁インスタグラムがもたらす愛子さまと悠仁さまの“分断” 「いいね」の数が人気投票化、女性天皇を巡る議論に影響も
 宮内庁が開設した公式インスタグラムは2週間でフォロワーが90万人を超えるなど、順調な滑り出しを見せている。しかし、投稿に「いいね」という国民の“正直な声”が届けば、愛子さまと悠仁さまに負担をかけることに…
2024.04.22 11:00
女性セブン
愛子さまの選択はご公務にも影響を与える可能性
【宮内庁の公式インスタグラム】「フォローする・しない」が外交上のトラブルを生む可能性 “誹謗中傷””いいね至上主義”のリスクも
何事にも慎重な皇室が始めた「SNS」という新たな取り組みは、概ね国民に受け入れられているようだ。投稿にはフォロワーから数多くの「いいね」が送られる。だが、そういった国民の「正直な声」が、皇室の次代を担わ…
2024.04.21 07:00
女性セブン
天皇皇后両陛下、震災後2度目の石川県ご訪問 被災者に寄り添う温かいまなざしに涙を浮かべる住民も
天皇皇后両陛下、震災後2度目の石川県ご訪問 被災者に寄り添う温かいまなざしに涙を浮かべる住民も
「雅子も私も思い出深く思ってきた地域」──2月の誕生日会見で天皇陛下がそう話された石川・能登地方。4月12日、天皇皇后両陛下は3月のご訪問に続き2度目のご訪問をされ、能登・穴水の両被災地を見舞われた。終わる…
2024.04.18 16:00
女性セブン
宮内庁はインスタを解説した
「宮内庁SNSの救世主」はサッカー日本代表の広報担当 JFA名誉総裁の高円宮妃久子さまが優秀な人材の出向を打診
 最初の投稿に誤字があるのではないか──宮内庁の公式インスタグラムが公開された4月1日、騒動が勃発した。「皇嗣同妃両殿下“お始め”という表現が“を始め”の誤りではないかという指摘が相次ぎました。“お始め”とい…
2024.04.15 07:00
女性セブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
《プリンセスなのに格安航空で移動して僻地の空港で外交パスポート出して怪しまれたり、かと思えばエリザベス女王にお茶に招待されたりしてて、プリンセスの日常が面白すぎる》──。そんなひとつのなにげない投稿が…
2024.04.14 07:00
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
 眞子さんは小室圭さんとの結婚が暗礁に乗り上げた当初から、自力での解決を試みていたという。日本と皇室によほど不信感があるのか渡米後もその姿勢は変わらず、手を差し伸べようともなしのつぶて。彼女の迷走ぶ…
2024.04.13 07:00
女性セブン
外出しづらいご状況にあったという(4月、東京・渋谷区。写真/JMPA)
宮内庁のSNS利用解禁、美智子さまはいまだ登場せず 依存や誹謗中傷の問題に対する懸念をお抱きか
 宮内庁は皇室の情報発信を強化すべく、長年見合わせてきたSNSの利用をついに解禁した。国民に寄り添う皇室が、時代の移ろいとともに変化を遂げていくのは自然なことだ。そのような中でも、上皇后美智子さまは変化…
2024.04.12 11:00
女性セブン
「昭憲皇太后百十年祭」の折、雨の降る中を真っすぐ歩かれる雅子さま(写真/JMPA)
【“花散らしの嵐”を抜けて】天皇皇后両陛下、上皇ご夫妻が「昭憲皇太后百十年祭」で明治神宮をご参拝
 強い雨風に打たれながらも、一歩一歩堂々と、真っすぐ前を見つめて歩まれる。そんな雅子さまの佇まいは、あとを歩かれた美智子さまのお姿と重なった。 4月9日、「昭憲皇太后百十年祭」のため、天皇皇后両陛下、…
2024.04.11 16:00
女性セブン
《慣例を覆す“新しい天皇家”に向けて》愛子さま、卒業や就職に際して「上皇ご夫妻へのご挨拶なし」の緊迫
《慣例を覆す“新しい天皇家”に向けて》愛子さま、卒業や就職に際して「上皇ご夫妻へのご挨拶なし」の緊迫
《社会人としての責任感を持って、様々なことを身に付け、なるべく早くお役に立てるようになるよう精進したい》。ご就職に際しての文書に綴られた愛子さまのお言葉からは、皇族として、社会人として活躍される未来…
2024.04.07 07:00
女性セブン
フレッシュなネイビースーツ姿で日赤に初出勤された愛子さま(写真/JMPA)
愛子さま フレッシュなスーツ姿、“ねえね”愛用のブランド、お気に入りのブローチ…その輝くファッションを分析
 髪はひとつ結びで、ネイビースーツ。4月1日、日本赤十字社に初めて出勤された愛子さまが、まさに“フレッシャーズ”な姿で取材に応えられた。「新社会人が着るスーツはスカートがタイトなイメージがありますが、愛…
2024.04.06 11:00
女性セブン
筑波大学附属高校に進学が決まった悠仁さま(時事通信フォト)
悠仁さまの進学先に北海道大学が急浮上、ご希望は「自然環境について総合的に学びたい」 周囲では“親離れ”のために「通えない距離の大学」を推す声
「悠仁さまは昆虫や植物など、自然環境について学ぶ『自然誌』に特に関心を寄せられている」。秋篠宮家の最側近である皇嗣職大夫は3月29日、会見でこう語り、来年に控える悠仁さまの大学受験・進路について初めて言…
2024.04.06 07:00
女性セブン
ニューヨークの物価高が直撃する
【豪勢な新居で深まる苦悩】小室眞子さんの“孤独の日々”マンハッタンで描いた夢は叶わず、相談相手もいない 不規則な生活の圭さんともすれ違い
 昨年11月、それまで住んでいたニューヨーク・マンハッタンにあるマンションの賃貸契約が終了した小室眞子さん・圭さん夫婦。ふたりが選んだ新居は、小室さんの勤務先から車で1時間の場所にある高級マンションだっ…
2024.04.05 06:59
女性セブン
夜に帰路につくこともある小室圭氏・眞子さん
小室圭さん・眞子さん夫妻の新居は「家賃50万円、温水プール付きマンション」 圭さんの職場から車で1時間、ファミリーに人気のベッドタウン
 小室さん夫婦は心機一転、新生活を始めていた。以前の家から車で1時間ほどの高級マンション。仕事が暗礁に乗り上げ失意の中にいる眞子さんだが、見知らぬ土地では相談できる相手もいない。彼女は今日もひとり、新…
2024.04.05 06:58
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
《日米メディアが注目》小室圭さん・眞子さん夫妻の現在、転居してNY郊外の高級マンションに 日本では女性皇族に関する議論進む
 日米のメディアから注目を集めていた、秋篠宮家の長女・小室眞子さんと圭さん夫妻の近況について『女性セブン』が報じている。 2021年に結婚して米ニューヨークに渡った小室夫妻。圭さんはニューヨークにある法…
2024.04.04 07:00
女性セブン
愛子さま
愛子さま、初の単独地方訪問で示された「常に国民に寄り添いたい」という矜持 雅子さまの公務をサポートする心強い味方に
 在学中は学業を理由に公務やお出ましを控えられてきた愛子さまだが、一転、積極的に皇室の活動をされるようだ。4月1日から新社会人として新しい環境に飛び込まれる愛子さまと、皇后としてのご活躍がますます期待…
2024.03.31 07:00
女性セブン

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン