芸能

『THE W』大改革の内幕 視聴者投票にこだわった理由

昨年の『THE W』で優勝した3時のヒロイン

昨年の『THE W』で優勝した3時のヒロイン

 出場資格者は「女性芸人」だけ──そんな新しいお笑い賞レースが『THE W』(日本テレビ系)だ。ノンフィクションライターの中村計氏が、最新の第4回大会の現場からレポートする。(文中敬称略)

 * * *
 10組しか残れないのか。なんと、もったいない。それが10月22、23日と2日間にわたって行われた『女芸人No.1決定戦THE W2000』準決勝を観た率直な感想である。

 出場したのは38組。各組とも両日参加し、2本ネタを披露しなければならない。それだけ観れば、つまらないものもありそうだが、少なくとも「まったく笑えない」みたいなネタは1つとしてなかった。昨年から総合演出を手掛ける宮森宏樹は嘆息する。

「今年、参加していただいた女性芸人の方に聞いてみたいんですよね。コロナの影響で舞台数は減っているのに、どうやってネタを磨いていたんですか、と」

 1年で急激に成長している芸人が多数いたそうだ。

「昨年優勝した3時のヒロインが、ほぼ無名の状態から一気に人気者になった。今年もまた新たなドラマが生まれる予感がしています」(宮森)

『THE W』が産声を上げたのは4年前だ。

「昔は容姿いじりが女性芸人の主流だった時代もあったと聞いています。でも今は友近さんなどに代表されるように、純粋にネタのおもしろさで勝負されている方がどんどん出てきた。女性ならではの毒の効いたネタ、シュールな世界観など、表現のバリエーションも増えてきた。渡辺直美さんはお笑いの世界を飛び出し、ファッション界でも活躍されています。そうした状況下で、新しいスターを発掘したいというテーマがあります。それと、女性芸人の方からも、女性同士の真剣勝負の場が欲しいという声があったそうです」(宮森)

 そんな『THE W』が大改革に着手したのは第3回を迎えた昨年だった。背景にはファンや芸人の大会に対する「レベルが低い」等の厳しい声があった。

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン