芸能

『THE W』大改革の内幕 視聴者投票にこだわった理由

『THE W』の初代覇者はゆりやんレトリィバァ

『THE W』の初代覇者はゆりやんレトリィバァ

 制作サイドは月1回程度の割合で、女性芸人に限定したライブ「THE W presents 女芸人祭り」を開催。ネタをブラッシュアップする場を作り、お客さんにアンケートをとりネタ作りの参考にしてもらった。芸人にヒヤリングを行い、観客との距離、スタジオの景色等、ネタをしやすいセット作りを心がけた。

「テレビのスタジオって結構広くて、天井も高い。でも演者さんからすると、もっと閉じられた空間の方がやりやすいそうなので、両サイドに壁を作りました。他にも、お客さんの顔が見渡せるように席も階段状にしたり。5つぐらいの劇場を回って、劇場に近いセットにしたんです」(宮森)

 採点方法も大幅に変更した。それまでは視聴者投票で勝敗を決めていたが、実績のある芸人6人を審査員に招いただけでなく、ノックアウト方式というお笑いの賞レースとしては新たな採点方法を採用した。

 決勝戦は、まず10組を2つのブロックに分ける。そしてファーストステージは、5組のうちまず2組がネタを見せて勝敗を決め、3組目以降は「前の勝者とどちらがおもしろかったか」という二者択一で勝敗が決められる。両ブロックを勝ち抜いた2組で最後、決定戦を行う。同方式に踏み切った理由を宮森が説明する。

「あらゆる賞レースの採点方法を比較検討したのですが、『THE W』は他のお笑い賞レースと決定的な違いがある。異種格闘技戦なんです。漫才もあれば、コントもあれば、ピン芸もある。もっとも客観的評価が難しい。なので、シンプルにどっちがおもしろいかという判定だけしていただこうという結論に至りました」

 投票権は視聴者にも残した。審査員の6票と、視聴者の1票、全7票で競われる。視聴者投票にこだわった理由を宮森はこう話す。

「女性芸人の場合、うちの番組の『イッテQ!』で活躍されているイモトアヤコさんのようにお茶の間の支持を得て人気者になるケースが多い。なのでプロの方の目線だけでなく、お茶の間の支持も得た人が優勝する形にしたかった」

 そうしたさまざまな工夫が功を奏し、昨年の大会は、松本人志が「見応えたっぷりのちゃんとしたコンテストになってきた」とコメントするなど、大成功を収めた。その後、王者の3時のヒロインが狙い通り新たなスター芸人となった。

 今年も準決勝の盛り上がりを見る限り、成功はほぼ約束されていると言っていい。決勝に残った10組の顔ぶれにも異論はない。ただ、彼女たちだけでなく、まだまだ見て欲しかったネタがいくつもあったのだが。

※週刊ポスト2020年11月20日号

関連記事

トピックス

身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
神田正輝を目撃
神田正輝の個人事務所が解散、引退説が浮上 直撃に本人は「今後は仕事を始末してから考えます」
女性セブン
映画『99.9』完成報告イベントに登壇した香川(2021年撮影)
香川照之が脚本変更、土下座を拒否していた!『六本木クラス』最終話のゴタゴタ
NEWSポストセブン
偉業を達成したヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
村上宗隆の弟・慶太が明かす 兄と「寿司100貫」食べながら見せた“気遣い”
NEWSポストセブン
落合博満氏を監督として招聘する球団は出てくるか(時事通信フォト)
もう「落合博満監督」は二度と見られないのか? 「今こそ古巣・ロッテが招聘すべき」の声
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
敏腕経営者に華麗に転身したローバー
深夜番組で一世を風靡したローバー美々が敏腕経営者に転身 コロナ禍で年商3倍に「私にしかできないことをやりたい」
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
誕生日は9月30日(写真/木村圭司)
声優・伊達さゆり ファンに祝ってもらった20歳の誕生日を振り返る「素敵な思い出になりました」
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
熊本市内で自主トレを行っていた松田宣浩らだが……
巨人がソフトバンク退団の松田宣浩を獲得調査も「ムードメーカーとしての獲得はプライドを傷つける」の声
NEWSポストセブン
2次選考を通過したのはこの4人!
【日本グラビアクイーンコンテスト】2次選考通過者4人を発表 いよいよファイナルへ
NEWSポストセブン