スポーツ

投手の引退試合は奪三振で終わるべき? 過去の名場面を回顧

藤川球児は引退試合で代打の坂本勇人を三振に仕留めた(時事通信フォト)

藤川球児は引退試合で代打の坂本勇人を三振に仕留めた(時事通信フォト)

 ここ数年、プロ野球の引退試合では対戦内容が話題になる。今年は、阪神・藤川球児のラスト登板がクローズアップされた。11月10日の対巨人戦(甲子園球場)、4対0と巨人リードで迎えた9回表、矢野輝弘監督からボールを渡された球児は代打の坂本勇人、中島宏之を空振り三振に仕留め、最後は重信慎之介をセカンドフライに打ち取った。

 このシーンについて、巨人やレッドソックスなどでプレーした上原浩治氏はYahoo!個人の記事にこう書いた。

〈今回、勇人、中島両選手の空振りには「あうんの呼吸」があったと言われても仕方がない。中島選手が空振り三振に倒れた場面では、テレビ画面に映った球児も苦笑いを浮かべていた。言うまでもなく、球児は超一流の投手だ。自分のストレートの球威、伸びが全盛時と現状でどう違うかは自分が一番わかっている。対戦した打者のスイングの軌道も、当事者同士ではごまかせない。

 球児に限らず、中日の吉見一起投手が11月6日には、ナゴヤドームで打者1人から空振り三振を奪って現役生活にピリオドを打った。「引退試合」は日本らしい演出でもあり、声高に否定するつもりはない。ただ、難しい問題だなあという感情もぬぐえない〉

 来季以降もシーズン終盤になれば、その在り方が議論されるだろう。

 そもそも、投手の引退試合で打者が三振するという慣例はあるのか。あるとすれば、いつ頃から出来上がったのか。ヒットを打った選手はいなかったのか。昭和のプロ野球を中心に振り返ってみよう。

 今も破られていないシーズン47完投(49試合)を誇り、巨人の球団最多勝投手である別所毅彦は昭和37年3月20日、西鉄とのオープン戦(後楽園球場)で先発マウンドに上がった。1回2死三塁のピンチを迎えると、最後の打者となる4番・豊田泰光は豪快なスイングで空振り三振。試合後、別所はこう語った。

〈豊田のヤツ、花をもたしてくれたんだよ。三振した球など一尺(約30センチ)も離れていたからね〉(昭和37年3月21日・毎日新聞)

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト