• TOP
  • 国内
  • 消毒ビジネスへの新規参入続々 トラブルが増加している背景

国内

2020.11.22 16:00  NEWSポストセブン

消毒ビジネスへの新規参入続々 トラブルが増加している背景

3月の札幌市、アルコール消毒液で地下鉄車両のつり革などを拭く清掃業者(時事通信フォト)

3月の札幌市、アルコール消毒液で地下鉄車両のつり革などを拭く清掃業者(時事通信フォト)

 新型コロナウイルスの感染拡大という混乱に乗じて、春先から「行政の委託を受けている」と業者を名乗り住居の消毒を勧誘する電話が都市部を中心に確認され、注意喚起がされていた。こういった勧誘電話はあからさまに怪しいのだが、もっと巧妙に「消毒ビジネス」に参入しているグループがいる。ライターの森鷹久氏が、自称除菌業者が跋扈し始めている実態についてレポートする。

 * * *
 1日あたりの新型コロナウイルスの新規感染者が、北海道で200名を超え札幌市では不要不急の外出への自粛の呼びかけが行われ、大阪府に続き兵庫県でも新規感染者数が過去最高を記録した。もはや「第3波」の到来とみて間違い無いかのようにも思えるが、この期を待っていましたとばかりに、舌舐めずりをしている連中がいる。

「あんなもん、単なる便利屋が専門業者のふりしてやっとるだけ。除菌剤シューってやって、雑巾でパッパッと拭いて終わり。モグリならまだまし。あいつらは全員素人で、除菌の『じ』の字も知らん奴らばかり。そんな業者ばっかりよ、今は」

 こう憤るのは、北海道内で長年清掃業者を営む望月勲さん(仮名・50代)。コロナの感染者数が増え始めた昨今「除菌業者」の元には数多くの問い合わせが入っていると言うが、そうした業者のうち、少なく無い数が、浅い知識しかない素人が運営していると指摘する。

「コロナ感染者がスタッフから出た、札幌市内の飲食店さんから電話がかかってきてね、除菌業者にきてもらったけど、どうもおかしいと相談されたんです。話を聞いてみるとね、次亜塩素酸水をたっぷり染み込ませた雑巾でとにかく店内全部を拭いて、次亜塩素酸水を噴霧して、それで何十万円も取られたというんです。部屋中ベタベタして営業もできない、ひどいありさまでした」(望月さん)

 新型コロナウイルスの第1波がやってきた時期、消毒用のアルコールがドラッグストアの店頭はもちろん、医療機関でも入手しづらくなった。そのとき、代用になると注目され広まったのが次亜塩素酸水を使う方法だ。だが、その有効性や安全性については科学的根拠が不十分だと言われており、大きな病院では使用されていないという指摘もある。

 厚生労働省は次亜塩素酸水について、限られた条件のもとに限り効果があり、拭いたあとはきれいな布やペーパーで拭き取ること、としている。また噴霧については、世界保健機関(WHO)や米国疾病予防管理センター(CDC)の見解を引用しながら、空間噴霧そのものを推奨しないとし、「空間噴霧用の消毒剤」として承認が得られた医薬品・医薬部外品は存在しないとしている。

関連記事

トピックス