• TOP
  • 芸能
  • 宮本浩次 ソロでは「中性的な感性を開放しているのかも」

芸能

2020.11.22 16:00  女性セブン

宮本浩次 ソロでは「中性的な感性を開放しているのかも」

54才になっても最前線でロックバンドを続ける宮本

54才になってもロックを続ける宮本が語った「歌謡曲」とは

 ロックバンド「エレファントカシマシ」のボーカル・宮本浩次(54才)が、昭和を代表する懐かしい曲ばかりを収めたカバーアルバム『ROMANCE』を11月18日にリリースした。150曲の候補曲から12曲をセレクトして収録したこの作品。この中で特に思い入れの深い歌謡曲について尋ねると、宮本はしばし頭を抱え込み……。

「たとえば『二人でお酒を』は、いまは亡き母が好きだった歌なんです。わが家では、川崎大師へ初詣に行くのが習わしだったのですが、母は父の運転する車の中でずーっと歌謡曲を歌い続けているという歌好きな人で、梓みちよさんのこの曲は、いわば母の十八番でした。

 それに、歌謡曲を聴くと、思春期のキラキラした感じもよみがえってきますよね。私は沢田研二さんとか松田聖子さん、ピンク・レディーやキャンディーズが好きで(と微笑み)、『エレファントカシマシ』のメンバーは幼なじみなのですが、石君(ギターの石森敏行)も聖子ちゃんの大ファンだったから、中学時代に二人でよく聴いていたのが『白いパラソル』や『赤いスイートピー』(とまた歌う)。

 それから当時、足しげく通っていた池袋スケートセンターでエンドレスにかかっていたのは『木綿のハンカチーフ』で……。やたらとテンションあがっちゃってね。私も石君もお互いに初めて彼女ができた頃で、恋の気分に浮かれていたんじゃないかな」(宮本・以下同)

 と、思い出が次々と愛おしそうに語られる。その頃の宮本少年の姿が目に浮かぶようだ。

関連記事

トピックス