ライフ

シニアのネットトラブル増 コロナ禍で悪質通販の被害拡大も

シニアのスマホ所有率も高くなった(イメージ)

シニアのスマホ所有率も高くなった(イメージ)

 シニア世代のネットトラブルが増えている。『令和2年消費生活白書』によると2019年の年齢層別にみた消費生活相談状況は、65歳以上の高齢者が全体の33/0%を占めている。内容をみると架空請求を含む「商品一般」が最多であるのは変わらないが、高齢者も「光ファイバー」「デジタルコンテンツ」が増えてきているのが最新の特徴だ。コロナ禍によるネット通販利用の増加により、2020年はさらに高齢者のネットに関連した相談が増えそうだ。ITジャーナリストの高橋暁子さんが、シニア世代のネットトラブルの実態と注意点について解説する。

 * * *

「離れて暮らしている父が、知らない間にネット通販で散財していた」と、実家へ帰ってきた50代女性はため息をつく。「久しぶりに実家へ顔を出したら、要らないサプリがたくさんあって、おかしいと思ったら定期購入していた。しかも調べたら相場よりかなり高額だった」。家には商品が山と積まれており、封も開けていない状態となっていた。

 色々な商品をネット通販で購入した影響で貯金も減ってしまっていたようで、「今後はもっとまめに確認しないと、父の老後の蓄えがなくなってしまう」と肩を落としていた。

 久しぶりに年老いた親に会ったら、生活に必要とは思えない購入したものが家にあふれていた。このような例は珍しいことではない。実家訪問から戻った人が、親の定期購入契約を解約しようと各所に相談したり奔走した、なんて苦労話もよく聞く。

 国民生活センターへの契約者当事者が60歳以上である相談件数の推移をみると、架空請求による相談が激増した2018年度は約43万件と過去10年で最も多くなっている。翌2019年度は約37万件に減少したものの、2017年までは30%に届かなかったことを考えると、高齢者による相談は多い水準を保っている。

 それらの相談の内容をみると、60歳以上のすべての年代において、健康食品などの定期購入に関する相談が 2019年度は前年の約2倍に増加。架空請求、アダルトサイトを含むデジタルコンテンツ、インターネット接続回線などの情報通信関連のトラブルに関する相談も多く寄せられている。これは、生活の様々な場面でネットを利用することが、高齢者であっても求められるようになっているためでもある。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
五輪出場を辞退したことを発表した体操女子日本代表主将の宮田笙子(時事通信フォト)
《体操・宮田笙子の五輪辞退で注目》“実は厳しい”芸能界の「未成年喫煙・飲酒」への処分 アイドルグループなら謹慎、脱退、退所も
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
今秋のドラフト挑戦を明言した慶大・清原正吾(時事通信フォト)
プロ志望明言の慶大・清原正吾、今秋「ドラフト漏れ」なら民間企業の争奪戦か 野球部OBの進路は引く手あまたでアナウンサー採用も
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
『お葬式』で井上侘助役を演じた山崎努
【独白70分】盟友・山崎努が明かした映画監督・伊丹十三との“濃い関係”「今でも、夢に出てくるよ」
NEWSポストセブン
安冨歩さんの推しメンは女優・秋吉久美子
【“私の推しメン”対談】秋吉久美子×安冨歩・東大名誉教授 50才をすぎてから“女性装”に移行したのか?「モラハラの研究過程で徐々に心が解放された」
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン