スポーツ

田中マー君「日本球界復帰」なら巨人vs楽天が大銭闘開始!?

凱旋するなら楽天が本命と見られているが

凱旋するなら楽天が本命と見られているが

 日本シリーズが終われば、いよいよストーブリーグが本格化する。日本シリーズでは初戦で敗戦投手になり、口惜しい結果に終わった巨人のエース・菅野智之のポスティングでのメジャー行きが注目されるが、ウルトラCと見られていた話が現実味をもって語られる背景には、ヤンキースとの契約を満了し、フリーエージェント(FA)となった田中将大・投手の日本球界復帰説があるという。

「菅野のメジャー行きにOKを出したのは、今も球団経営に絶大な発言力を持つ渡邉恒雄・元オーナー(読売新聞主筆)だと言われています。ただし、渡邉さんは菅野を放出するならば、かわりに田中を獲得できないか、とフロントに条件を出したと言われています。今オフのFAの目玉と見られていた中日の大野雄大・投手は早々と残留が決まってしまい、菅野の穴を埋めるようなエース級の補強は選択肢が限られているから、田中の名前が出たのでしょう」(読売新聞関係者)

 とはいえ、田中がヤンキースと結んでいた契約は7年164億円という日本球界ではあり得ない金額だった。今回は大幅にダウンすると見られるものの、3年40億~50億円くらいが相場とも言われ、巨人といえども簡単に出せる金額ではない。

「ヤンキースと同じくニューヨークを本拠地にするメッツや、レッドソックス、ブレーブス、ブルージェイズ、フィリーズなど、10球団以上が田中に興味を示している。菅野は巨人の最高年俸選手だが、それでも6億5000万円。いくら巨人でも、その倍の金額を田中に払うのは難しいのではないか」(スポーツジャーナリスト)

関連キーワード

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン