• TOP
  • スポーツ
  • 三冠馬3頭が揃うジャパンカップ「あと100年はないレース」

スポーツ

2020.11.27 19:00  週刊ポスト

三冠馬3頭が揃うジャパンカップ「あと100年はないレース」

競馬史上空前のドリームレースをどう楽しむ?(写真はオグリキャップ/共同通信社)

競馬史上空前のドリームレースをどう楽しむ?(写真はオグリキャップ。共同通信社)

 三冠レースをすべて制した3頭が11月29日、東京競馬場で雌雄を決する。競馬のGIレース「ジャパンカップ」(JC)に、今秋に牝馬三冠を達成したデアリングタクトとクラシック三冠を達成したコントレイル、2018年の牝馬三冠を含む歴代最多の芝GIレース8勝を達成したアーモンドアイの出走が決まり、かつてない豪華メンバーが揃った。

 デアリングタクトは史上初めて無敗で桜花賞・オークス・秋華賞を制し、コントレイルも史上3頭目となる無敗のクラシック三冠馬だ。この無敗対決に現役最強馬の呼び声高いアーモンドアイまで参戦するとなれば否が応でもファンの期待は高まる。漫画家の黒鉄ヒロシ氏は興奮を抑え切れない様子だ。

「こんなレースはあと100年はないでしょう。こんな凄いレースが本当に実現するのか、まだ信じられないくらいです。ファンにとっては最高のプレゼントですね」

 ドリームレースが実現した背景にはコロナ禍がある。競馬評論家の阿部幸太郎氏が解説する。

「コロナ禍により海外遠征が困難になっています。3頭とも平時ならば海外レース参戦の可能性があったが、国内のレースということでJCに集結することになった。“あの馬が出るのなら”という馬主の意向や、厩舎関係者が馬の調整に注力して実現したものです」

 まさに世紀の一戦となるJCだが、どんな展開が予想されるのか。元JRAジョッキーでホースコラボレーターの細江純子氏はデアリングタクトを推した。

「馬場が悪くても結果を出す馬で、出走の間隔もあり余力がある。3歳牝馬なのでコントレイル、アーモンドアイに比べ53キロと斤量が2キロ軽いのも有利です」

 元GIジョッキーの安田康彦氏はコントレイルを挙げる。

「前走では距離が長い菊花賞を勝ち切ったので、距離短縮の今回は体調さえ整えば勝てると思います。スタートから好位置に行ける馬なので位置取りにも苦労しないでしょう。騎手として乗りたい馬ですね」

関連記事

トピックス