芸能

前田敦子と中村獅童がニアミス 11月、中華に芸能人集う理由

都内の有名店から中村獅童が登場

都内の有名店から中村獅童が登場

 11月中旬の夜。都内の高級中華料理店から、中村獅童(48才)が妻子とともに出てきた。その数分後には、今度は元AKB48の前田敦子(29才)と板野友美(29才)も退店。来月3才になる長男と手をつないで、着物姿の妻も連れ添う落ち着いた獅童に比べて、満面の笑みの板野とお土産片手に上機嫌な前田。どちらも雰囲気こそ違えど、美食にご満悦の帰り道だった。

 実は、獅童と前田は、5年前の2015年の舞台「青い瞳」の兄妹役で共演。少し人見知りな前田も、気さくな座長の獅童に、すぐに打ち解けていったという。当時の獅童は、記者会見でも「一人っ子だったので、こんなにかわいい妹ができたら、うれしいですよ」と笑顔で語っていた。

 ただ、同日に高級中華料理店で食事をしていた50代一般女性は「この夜は、獅童さん一家と前田さんたちが、一緒に食事をされていたわけではなかったですよ」と明かした。偶然のニアミスだった。

 実はこの時期、高級中華には芸能人が多く来店する傾向がある。

「上海ガニですよ」と解説するのは、あるテレビ局幹部だ。「上海ガニはオスとメスで旬が異なりますが、11月初旬からはその両方がおいしく食べられる貴重なシーズンなのです。だから、この時期の都内の有名高級中華料理店には、毎年、グルメな芸能人、文化人、スポーツ選手らがこぞって来店するのです」(テレビ局幹部)

 特に、六本木のCや麻布十番のF、恵比寿のTといった高級店は、この時期は、毎晩必ず、著名人の誰かがいる状態だという。たしかに、嵐の松本潤(37才)も、11月12日放送のバラエティー番組「VS嵐」(フジテレビ系)で「秋といえばカニ。上海ガニとかは、ここ(11月)からよ」と熱く説いていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン