中村獅童一覧

【中村獅童】に関するニュースを集めたページです。

『鎌倉殿の13人』で北条義時を小栗旬(C)NHK
史実『鎌倉殿の13人』 東大教授が解説する「合議制メンバー」の残酷な運命
 折り返し地点を迎えるNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。今後、平家を滅ぼし鎌倉幕府を開いた源頼朝(大泉洋)が退場すると、物語は幕府内部での権力闘争へと移る。史実に詳しい東大教授が、13人に待ち受ける熾烈な政争を解説する。勢力拮抗の3グループ タイトルコールに向け、着々と物語が進んでいる。第22回(6月5日放送回)では暗躍していた後白河法皇(西田敏行)が崩御し、源頼朝が征夷大将軍に就任。主人公・北条義時(小栗旬)の妻・八重(新垣結衣)が事故死したばかりで、入れ替わるように新たな妻候補の比奈(堀田真由)が登場した。 脚本の三谷幸喜氏が「頼朝が生きている時代はプロローグ」と話していたように、史実ではこの後頼朝が死に、いよいよ義時を中心に血みどろの権力闘争が始まる。嫡男の源頼家(金子大地)が将軍に就き、題名通り「鎌倉殿の13人」による合議制が発足するのだ。 今後、合議制メンバーによる知略・謀略行き交う暗闘が繰り広げられることになるが、歴史学者で東京大学史料編纂所教授である本郷和人氏は、「史実に基づいた『構造』を知ることで、作品への理解も深まります」と説明する。「幕府のトップを狙う『13人』の御家人たちの権力闘争は、各々が『頼家を擁護する立場』『頼家の力を削ぐ立場』『中立の立場』のどれに位置するかを知れば、グンとわかりやすくなる」 頼家を擁護する『源頼家グループ』の中心人物は、頼家の義理の父である比企能員(佐藤二朗)。次いで『頼家の第一の家来』とも称されていた梶原景時(中村獅童)ら4人の名前が挙がる。「合議制が力を持つと頼家が権力を失い、それが自らの地位低下につながってしまう。合議制を組みたくないと考えている人たちです」(本郷氏) 一方、合議制を組むことで頼家の権力を削ぎたいと考えていたのが、北条時政(坂東彌十郎)・義時親子が属する『北条家グループ』。三浦義澄(佐藤B作)や和田義盛(横田栄司)ら、5人が該当する。 そして両グループの対立の間で「どちらでもいい」と考える3つめの中立集団が、大江広元(栗原英雄)を中心とする『官僚グループ』。中原親能(川島潤哉)ら政治能力のある4人がここに入る。「今回の大河でも上総広常(佐藤浩市)が字を書けずに練習していたというエピソードが出てきましたが、当時の御家人たちの教養レベルは低く、頼朝の時代にも政治の中心となっていたのは京都から来た官僚たちでした。その代表が今後もブレーンとして活躍する大江広元です。彼らは好むと好まざるとにかかわらず、将軍・頼家を補佐する中立の立場。13人の合議制を重視していなかった。 合議制発足当初は各勢力の力も拮抗しており、激しい権力闘争が生じるのは避けられなかったのです」(同前) この3グループの対立を軸に、これから起きる殺し合いの勝者と敗者を見ていく。一族もろとも滅ぼされる●一匹狼が最初に脱落 歴史を繙くと、13人の中で真っ先に脱落するのが梶原景時だ。石橋山の戦いで敗れ、洞窟に隠れていた頼朝を「見て見ぬふり」をして助けたことで頼朝の信頼を得、腹心の部下となった。 合議制発足からわずか半年後、頼家の忠実な家来として権威を振るう景時のいきすぎた言動が御家人たちの怒りを買って失脚。巻き返しを狙って京都を目指す途中で、一族もろとも滅ぼされてしまう。これが「梶原景時の変」である。「景時は非常に頭が切れ、御家人たちのなかでまともな字を書けたのは景時と北条時政くらいでした。時政はそんな景時を『13人』のなかでも最も恐れていた」(本郷氏) 景時が死んだことで、『源頼家グループ』は強力なカードを1枚失ったといえる。時代劇研究家のペリー荻野氏も景時に注目する。「いろいろな人物の思惑が絡み合うなかで、景時は一匹狼として描かれ、今作でも個性が際立っている。中村獅童さんは同じく三谷脚本の大河ドラマ『新選組!』(2004年放送)に出演した時はおっちょこちょいの三枚目役。今回の暗くて陰のある役は正反対で、そのギャップが面白い」●狙われた比企家 景時の死の3年後、北条家に滅ぼされるのが、同じ『源頼家グループ』の中心的存在だった比企能員だ。「頼家の後ろ楯は義理の父である能員がいる比企家。北条家としては、頼家を将軍の座から引きずり下ろして北条家で育てた実朝(後の3代将軍)を将軍に就けるためにも、比企家を早々に潰しておきたかった」(本郷氏) 本郷氏は、能員の敗因は彼の「無能」ぶりにあると続ける。「なぜ能員は景時を助けなかったのか。同じ『頼家グループ』として手を組めばよかったのに、周りに同調し景時を潰す側に積極的に参加してしまった。彼の政治的センスのなさを感じます」 この比企能員の姪が、後に北条義時の正室となる比奈。ペリー氏は、ドラマにおける比奈の行く末が気がかりだと話す。「正室として義時に嫁ぐ比奈は、北条家と比企家が対立した時どうなるのか。義時の立場にも注目して見たいですね」一気に爆発●父を伊豆に追放 その義時が父・時政を追放し、名実共に主役に躍り出るのが「牧の方の変」。時政と妻・牧の方(宮沢りえ)が娘婿で頼朝の養子でもあった平賀朝雅(山中崇)を将軍に擁立しようとしたことが原因とされる。「時政のこの行動が『北条家グループ』内の御家人の反感まで買ってしまった結果、父親の金魚のフンだった義時が、『このままでは北条家がやばい』と時政を伊豆に追放する。時政はその後出家し、地元で静かな余生を送りました」(本郷氏) 有力者でありながらもコミカルに描かれてきた時政。三谷脚本は追放の場面をどう描くのか。「時政は魅力的な愛されキャラ。追放の場面でも『可愛い奥さんと一緒だからいいかー』とお茶目なノリで去っていく可能性もある」(ペリー氏)●最後の政敵を晒し首に 義時が「北条氏の天下」を確実にした最後の戦いが「和田合戦」だ。「北条家グループ内でも権力闘争が起き、なかでも和田義盛は義時にとっての『最後の政敵』でした」(本郷氏) 史実では一族もろとも討ち取られ由比ヶ浜で晒し首にされるという壮絶な最期を遂げる義盛だが、ドラマ内では豪放磊落な男として描かれ、登場人物のなかでも時政と並ぶ愛されキャラのひとり。「いきなり眉毛を片方剃るなど、ハチャメチャで面白い。ワイルドな風貌で破天荒ですが、まだ大きな活躍シーンはありません。三谷さんはあえて和田合戦までためて、一気に爆発させるのではないか」(ペリー氏)●中立を味方につけ勝利 異なるグループの政敵を滅ぼし、グループ内での権力闘争にも勝ち、「13人」の勝者となる義時。その勝因を本郷氏はこう分析する。「北条家は中立の大江広元ら『官僚グループ』を味方につけたことが大きかった。義時が実権を握った後も、広元たちが幕府を切り盛りして義時を支えました」 ドラマ内では回を重ねるにつれて非情さやしたたかさも見せている義時だが、ペリー氏は今後にこんな期待を寄せる。「歴史考察では、頼家の暗殺も実朝の暗殺も『義時黒幕説』があります。三谷さんはミステリーの名手なので、義時が黒幕キャラに変貌するかもしれないし、もしかすると『実は別の黒幕がいました』みたいな展開になるかもしれない。勝者が見せる“本当の顔”を、早く見たいですね」 最後まで目が離せない。※週刊ポスト2022年6月24日号
2022.06.12 16:00
週刊ポスト
猜疑心の強いダークな部分が色濃くなってきた源頼朝(大泉洋)/(C)NHK
『鎌倉殿の13人』鎌倉幕府の一大ミステリー「実朝暗殺」の黒幕はどう描かれるのか
 1月にスタートした小栗旬主演のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は、序盤の和やかなホームドラマから一転、物語は身内で謀略が行き交う緊張の中盤にさしかかる。史実では今後、「梶原景時の変」や「実朝暗殺」など、主要キャストにさらなる重大事件が待ち受ける。激動の歴史を脚本の三谷幸喜氏はどう描くのか。景時の失脚と襲撃 源頼朝(大泉洋)が死去し頼朝と政子(小池栄子)の嫡男・源頼家(金子大地)が家督を継ぐと、「13人」の有力御家人による政治体制が発足する。だが、それは新たな権力闘争の始まりでもあった。その皮切りが「梶原景時の変」だ。 頼朝の厚い信頼を受け、頼家の後ろ楯ともなっていた梶原景時(中村獅童)だが、幕府内の権力闘争で御家人たちの怒りを買ってしまう。歴史研究家の河合敦氏が語る。「失脚した景時は京都に向かう途中で武士団に襲撃されます。ドラマのキーマンだけに、上総広常(佐藤浩市)の死を超えるような衝撃的なシーンが予想される」 その3年後には、将軍頼家の外戚として権力を握っていた比企能員(佐藤二朗)が一族もろとも滅ぼされる「比企能員の変」が起きる。「比企能員は時政に呼び出されて、疑いもせずにのんびり時政の屋敷に向かったところを、大勢に囲まれて殺されたとされています」(同前) 劇中の広常は、頼朝への反乱を収め楽しそうに双六に興じる最中、景時に討ち取られた。その壮絶な最期は話題を呼んだが、三谷氏は中村獅童や佐藤二朗にどんな死にざまを準備しているのか。最大の謎「実朝暗殺」の黒幕 比企能員の変の後、頼家の弟・源実朝(柿澤勇人)が3代将軍の座に就く。その実朝も、史実では参詣した鶴岡八幡宮で、別当をしていた前将軍・頼家の遺児・公暁(寛一郎)に暗殺されてしまう。 果たして黒幕は誰なのか。頼朝の死と並ぶ鎌倉幕府の一大ミステリーとされてきたテーマだ。「諸説ありますが、現在最も有力なのが『公暁の単独犯行説』、次いで『三浦義村黒幕説』です。“義時が怪しい”という説もありますが、実朝は北条政子の息子ですから、もし義時が手を下したとしたら、その後の姉弟関係がぎくしゃくしてしまう。 今回の大河では一貫して政子・義時姉弟の絆が描かれているので、義時が殺すというのは考えにくい」(河合氏) 一方、時代劇研究家のペリー荻野氏はこんな可能性も指摘する。「義時が黒幕として描かれれば面白い。実朝暗殺が父の仇討ちとして描かれれば、義時が公暁に同情して応援した形にすることもできますね」 同時代を描いた大河ドラマ『草燃える』(1979年放送)では義村が親友・義時の暗殺も見据えての陰謀とされた。「『草燃える』を超える作品にしなければいけない」と語る三谷氏の判断に注目だ。※週刊ポスト2022年5月27日号
2022.05.18 07:00
週刊ポスト
【動画】中村獅童「長男を引き取る」申し出に夫・中林大樹の困惑
【動画】中村獅童「長男を引き取る」申し出に夫・中林大樹の困惑
 1年前、竹内結子さんが急逝し、シングルファーザーとなった夫の中林大樹さん。前夫・中村獅童さんとの間に生まれた15歳の長男と、自身と竹内さんとの1歳の次男の心のケアを何よりも優先しているそうです。 しかし、2020年末 『週刊女性』のインタビューで獅童さんが長男を引き取るという考えを明かしました。中林さんの知人によると「中林さんは言葉を失った。話があまりに突然のことだったからです。“いま、なぜそんなことを?”と理解に苦しんでいました」とのことです。
2021.08.08 16:00
NEWSポストセブン
多くのCMに出演した竹内結子さん
竹内結子さん急逝から1年 中村獅童「長男を引き取る」申し出に夫・中林大樹の困惑
 母子家庭の苦境が社会問題化している一方で、父子家庭にスポットがあてられることは多くない。しかし実際にはシングルファーザーならではの苦労はあまりにも多い。初歩的な家事に日々躓き、仕事を休むことの理解も得づらい──女優・竹内結子さん(享年40)が亡くなり、突然2児のシングルファーザーとなった中林大樹(36才)もまた、この1年多くの苦難を抱えた。そんな家族に訪れた、“身内”の横やり──。 7月中旬、都内の商業施設の駐車場で、白のTシャツに黒のハーフパンツを合わせた男性がまだ小さな子供を車に乗せていた。プリスクール保育園(英語環境の中で未就学児の保育を行う施設)から帰るところのようだ。慣れた手つきでチャイルドシートをセットして座らせると、笑顔の男の子が大きな瞳でパパを見つめている。パパもつられて、にっこりと微笑む。父子だけの登園にも随分慣れたようだ。母親不在となって間もなく1年が経とうとしていた──。 竹内さんが突然この世を去ったのは、昨年9月27日のことだ。自宅で竹内さんを見つけた夫がすぐに119番通報。病院に救急搬送されたが、手の施しようがなかった。 あの明るさからは想像しがたい自死を選んだという事実もさることながら、三浦春馬さん(享年30)、芦名星さん(享年36)に続く悲しい知らせは、コロナ禍に沈む世間に計り知れないほどの大きな衝撃を与えた。 残されたのは、前夫・中村獅童(48才)との間に2005年11月に生まれた長男と、2019年に再婚した夫・中林大樹(36才)、彼との間に2020年1月に生まれた次男の3人。それは、竹内さんがようやく手に入れた心安まる居場所だった。 三姉妹の末っ子として生まれた竹内さんは、両親の離婚、母親の死、父親の再婚を経て“6人きょうだい”に。16才ですでに芸能界の仕事を始めていた彼女は、複雑な家庭環境と日によって変わる仕事場とを行き来しながら、自分の居場所探しに苦心していた。 仕事では朝ドラのヒロインを勝ち取り、本格的に人気女優への道を歩み、プライベートでも、2005年の獅童との結婚で居場所を得たはずだった。しかし、獅童の女性問題もあり、結婚生活はわずか2年半で幕を閉じる。それから10年以上を経て再婚にたどり着いた彼女にとって、4才年下の中林と営む家庭は、何があっても手放したくなかったはずだ。それなのに──。思い出の家を出て、子供たちと向き合う日々 竹内さんの果たせなかった思いは、いま、夫が必死になって継いでいる。その姿は、シングルマザーとして仕事と子育てに奮闘していた時期の竹内さんと、どこか重なる。違うのは、子供が2人いること、そして、長男は妻の連れ子であることだ。「いま、中林さんは15才と1才になったばかりの2人の子供のケアに精一杯です」(中林の知人) 昨年末、3人は竹内さんと過ごした思い出の家を出ていた。「いつまでも悲しみにばかり浸っていないで、区切りを付けたいということでしょう。以前の瀟洒なマンションに比べると広さも家賃も半分程度。それでも、充分に高級なタワーマンションの一室に、昨年末に移っています」(芸能関係者) また、竹内さんの個人事務所の取締役には、彼女に代わって中林が就任。家庭でも仕事でも、ぽっかりとあいた穴をなんとか埋めようと、奮闘する中林の姿があった。「中林さんは、竹内さんの生前はドラマなどでも活躍していましたが、あの日から仕事をしていません。まずは突然母親を失ってしまった子供たちの心のケアを何よりも優先にすべきと考えているのだと思います最初こそ奈良の実家に住む中林さんの家族に手伝ってもらっていたそうですが、このところはできるだけ家族に頼らず、子供たちに向き合っているようです」(前出・中林の知人)「お別れの会」は行われるのか? 思春期を迎えた血のつながらない長男と、目の離せない次男。四苦八苦しながらも、3人で暮らすことをようやく日常として受け入れようとしていたそんな矢先の出来事だった。2020年末、獅童が『週刊女性』(1月5・12日号)の取材に答え、長男を引き取ることを考えていると明かしたのだ。「獅童さんが中林さんの事務所を通じて、(長男を)可能なら引き取ることもできると伝えているという内容で、2015年に再婚したいまの妻も了承しているという話でした。 それを見た中林さんは言葉を失った。話があまりに突然のことだったからです。竹内さんが亡くなった後、中林さんのところへ獅童さん側からは特に連絡もなかったのだそうです。ところが、住居を移し、自分ひとりで2人の子供を育てていこうと覚悟が固まった頃に、長男を引き取ることに前向きである旨を、間接的に聞かされたため、“いま、なぜそんなことを?”と理解に苦しんでいました」(前出・中林の知人)『週刊女性』の記事では、中林の事務所に獅童から実際にアプローチがあったのか確認がなされ、事務所はこう答えている。《1度、先方のマネージャーの方からご連絡はいただきましたが、渦中のタイミングであったので、こちらの状況を説明したところ、先方もまた改めますとのことでした。それきりです。(後略)》 竹内さんと獅童の離婚後、長男については多くの報道がなされてきた。なかでも多かったのは、竹内さんが獅童に長男を会わせていないというものだった。「そもそも、あの2人の離婚協議に1年以上もかかったのは、親権をどちらが持つかで激しい争いがあったからです。最終的には竹内さんが勝ち取りましたが、獅童さんは、その後、子供に積極的に会おうとしなかった。離婚理由に不倫があったわけで会いにくかったのかもしれませんが。 中林さんはそうした様子を聞いていたので、竹内さんが亡くなった後も、獅童さんに相談しようとは思っていなかったそうなんです。子供たちの父親は自分。そんな思いを強めていった。そこへきての獅童さんの発言……中林さんは困惑していました」(前出・中林の知人) 獅童は、今年に入って長男と連絡を取ろうとしたようだが、会うことはできていないという。竹内さんの不在から1年──いまはとにかく静かに、家族で過ごす時間を最優先に考えている中林は、竹内さんの一周忌イベントや「お別れの会」なども考えていない。「事務所には、竹内さんのファンから、無理にイベントなどをしないでと、家族をいたわるような手紙やメールが届いているそうです。そうした声も受けて、大々的に何かをする計画は、事務所にもないようです」(映画関係者) 中林の胸中を事務所に問うと、次のようなコメントが届いた。「家族3人で頑張っておりますので、どうか静かに見守っていただけますと幸いです」 実の父、育ての父の思いはそれぞれだが、2人の男の子にとって、母親はたったひとり。彼女がいなくなってしまった季節がまた巡ってくる。※女性セブン2021年8月19・26日号
2021.08.04 16:00
女性セブン
こじるり、前田&板野、長澤まさみらの魅惑の美スタイル
こじるり、前田&板野、長澤まさみらの魅惑の美スタイル
 芸能界でも祝福すべき出来事から不倫騒動新型コロナ感染まで、さまざまなニュースがあった2020年において、見る人に明るい話題を提供してくれる“美スタイル”の女優やアイドルが多くいた。 累計発行部数が7000万部を突破したマンガ『キングダム』の作者・原泰久氏との交際が報じられたタレントの「こじるり」こと小島瑠璃子(27才)は、真夏にぴったりの白Tシャツにデニムのミニスカートという私服姿で笑顔を見せた。すらりと伸びた細い足、Tシャツをフワッと着こなすスタイルの良さに加え、GUCCIのショルダーバッグを前に掛け髪をお団子にするというキュートさが前面に出ていた。 女優・長澤まさみ(33才)も夏の暑い日の夜、カーディガン、ワイドパンツ、サンダルとすべてベージュのワントーンで合わせた2020年らしいコーデ姿が目撃された。この日は俳優のリリー・フランキー(57才)と東京・六本木のステーキ店でディナーだった。映画『コンフィデンスマンJP』シリーズなど話題作への出演も続いている長澤。美スタイルをキープし続けられるのは常に“見られている”からかも。 AKB48の元センターで結婚と出産も経験した前田敦子(29才)は11月中旬、ももまであるオーバーサイズの黒ニット姿で都心に現れた。袖もダボっとさせ、スカートも足元まである超ロングなベイクドカラーのアイテムをまとっていた。さらに、この日は同じく元1期生メンバーの板野友美(29才)とともに出かけていて、板野も白のロングコートにブラウンのロングスカートをはためかせていた。 2人は高級中華料理店でディナーを楽しんでいたが、偶然にも歌舞伎俳優の中村獅童(48才)も家族で同じ店にいたという。居合わせた客によれば、同席ではなかったようだ。前田と板野の満面の笑みが夜の街に弾けていた。 同じく1期生にして唯一の現役AKBメンバーでもある峯岸みなみ(28才)も夏の夜、そのオーラもそのままに、黒ワンピに赤のミュールサンダルをアクセントにするコーデで登場。ぱっちりした目にツヤたっぷりの長い黒髪でスタイルの良さを際立たせていた。峯岸の人気は健在で、グラビア誌ではメリハリボディーを駆使したセミヌードを披露するなど、2021年の活躍が期待できる精力的な活動ぶりだった。 真っ赤でタイトなスカートを合わせた春の私服コーデで外出していたのは、元TBSアナウンサーの田中みな実(34才)だ。“彼シャツスタイル”のようにパーカーの袖を余らせてダボっと着て、足元は美肌の足首を少し見せるスニーカースタイル。カジュアルでも写真集が60万部売れるのもうなずける美スタイルだった。 スタイルもコーデも美しいアラサー女子たちの活躍が2021年も、期待できそうだ。 
2020.12.30 07:00
NEWSポストセブン
前田敦子と中村獅童がニアミス 11月、中華に芸能人集う理由
前田敦子と中村獅童がニアミス 11月、中華に芸能人集う理由
 11月中旬の夜。都内の高級中華料理店から、中村獅童(48才)が妻子とともに出てきた。その数分後には、今度は元AKB48の前田敦子(29才)と板野友美(29才)も退店。来月3才になる長男と手をつないで、着物姿の妻も連れ添う落ち着いた獅童に比べて、満面の笑みの板野とお土産片手に上機嫌な前田。どちらも雰囲気こそ違えど、美食にご満悦の帰り道だった。 実は、獅童と前田は、5年前の2015年の舞台「青い瞳」の兄妹役で共演。少し人見知りな前田も、気さくな座長の獅童に、すぐに打ち解けていったという。当時の獅童は、記者会見でも「一人っ子だったので、こんなにかわいい妹ができたら、うれしいですよ」と笑顔で語っていた。 ただ、同日に高級中華料理店で食事をしていた50代一般女性は「この夜は、獅童さん一家と前田さんたちが、一緒に食事をされていたわけではなかったですよ」と明かした。偶然のニアミスだった。 実はこの時期、高級中華には芸能人が多く来店する傾向がある。「上海ガニですよ」と解説するのは、あるテレビ局幹部だ。「上海ガニはオスとメスで旬が異なりますが、11月初旬からはその両方がおいしく食べられる貴重なシーズンなのです。だから、この時期の都内の有名高級中華料理店には、毎年、グルメな芸能人、文化人、スポーツ選手らがこぞって来店するのです」(テレビ局幹部) 特に、六本木のCや麻布十番のF、恵比寿のTといった高級店は、この時期は、毎晩必ず、著名人の誰かがいる状態だという。たしかに、嵐の松本潤(37才)も、11月12日放送のバラエティー番組「VS嵐」(フジテレビ系)で「秋といえばカニ。上海ガニとかは、ここ(11月)からよ」と熱く説いていた。 獅童も前田・板野もお目当ては上海ガニだったのだろうか?「実は獅童さんはカニにアレルギーがあるらしくて、上海ガニは食べていないはずですよ。この店はつゆそばや点心も有名ですから、それが目当てだったのではないでしょうか」(獅童の知人) 獅童は違ったようだが、今夜も上海ガニ目当てのグルメな芸能人たちが、高級中華に集っている──。
2020.11.28 16:00
NEWSポストセブン
中村獅童おすすめ 京都・八坂神社~円山公園の豪華絢爛な桜
中村獅童おすすめ 京都・八坂神社~円山公園の豪華絢爛な桜
 新型コロナウイルスの影響もあり、今年の春の京都は例年よりも観光客は少なめだという。京都通である歌舞伎役者の中村獅童さん(47才)に、京都の桜の名所と旬なグルメを教えてもらった。【プロフィール】歌舞伎役者・中村獅童さん/学生時代から京都南座の舞台に立ち頻繁に京都に通う。今年もバーチャルシンガーの初音ミクとの夢のコラボが実現する『六月南座超歌舞伎』に出演(6月2日~南座にて)。◆八坂神社~円山公園桜の見頃:4月上旬住所:八坂神社・京都市東山区祇園町北側625、円山公園・京都市東山区円山町「酔い覚ましの贅沢な散歩には、店近くの八坂神社から、夜桜が有名な円山公園の豪華絢爛にライトアップされた咲き姿を眺めるコースがおすすめです」(中村さん・以下同)◆祇園かぼちゃのたね住所:京都市東山区祇園町北側267了郭ビル営業時間:12~13時30分、18~22時定休日:火曜日(祝前日は営業) べシャメルソースベースの『かぼちゃコロッケ』(880円)、自慢の江戸焼うなぎを混ぜ込んだ『うなむす』(2個726円)。「学生の頃から南座で演目があるたびに、お世話になった江戸焼うなぎと京おばん菜割烹。亡くなった母とも、こちらでよく日本酒を飲みました。公演期間中、母からご主人に『野菜をたくさん食べさせて』なんてリクエストもしていたみたいです(笑い)」 看板料理の『うなぎ丼』(中3520円、吸物・香の物付)は、ふわっとした口当たりのうなぎにあっさりめのタレがかかり、いくらでも食べられそう。※女性セブン2020年3月26日・4月2日号
2020.03.19 16:00
女性セブン
渡辺謙は会見で自らを「スキだらけ」とかたった(時事通信フォト)
渡辺謙、川崎麻世、矢口真里… 芸能界不倫騒動15を振り返り
 東出昌大の不倫騒動が波紋を広げているが、芸能人の不倫は長年にわたって週刊誌やワイドショーを賑わせ続けてきた。ここでは、そんな不倫騒動の数々を、振り返ってみる。(順不同)◆妻が離婚の意思を女性誌で決意の告白!(1998年):松方弘樹×仁科亜季子 それぞれ会見を開き、松方は「亜季子が最高の伴侶」と語るも、その後離婚。不倫相手だった元女優は離婚後も松方を支え、最期を看取った。◆鬼嫁が見つめる異例の「妻同伴」会見(1993年):川崎麻世×カイヤ×斉藤由貴 斉藤由貴との不倫報道を釈明する川崎と、鬼の形相で見つめるカイヤ。それぞれ恐妻家、鬼嫁というイメージがついた。2018年から離婚をめぐる裁判が続いている。◆「いまでも愛してる」会見で復縁も再離婚(1985年):山城新伍×花園ひろみ 1985年にOLとの愛人関係が報じられ、別居後離婚したが、山城が会見で「いまでも愛している」と復縁を迫り、1991年に再婚。1999年に再離婚した。◆魔性の女が言い放った「奧さんがいたらだめですか」(1995年):真田広之×手塚理美×葉月里緒奈 不倫報道後、葉月が雑誌で「奧さんがいたら、いけないんですか?」と発言して報道が過熱。真田との関係を解消した1998年に葉月はヘアヌードに。1997年に離婚。◆“鬼嫁に頭が上がらない”キャラの元祖(1982年):峰竜太×海老名美どり 浮気相手のロマンポルノ女優・朝比奈順子との三者会談を済ませた後に夫婦で会見を開き、「もう二度と浮気はしません」と平謝りした。婚姻継続中。◆最期まで揺るがなかったキンキン愛(2007年):愛川欽也×うつみ宮土理 2007年に44歳年下女優との不倫が報じられた。度重なる愛川の女性問題にもうつみは寛容で、「キンキンかっこいい!」と常におしどり夫婦ぶりをアピールした。2015年に死別。◆「不倫は文化」発言で離婚後、恋人とも破局(1996年):石田純一×松原千明 モデル・長谷川理恵との関係が報じられ、「不倫は文化」発言が主婦層を中心に反感を買って石田の仕事が激減。長谷川とは9年の交際を経て破局した。1999年に離婚。◆自著で“暴露”もおしどり夫婦を貫いた(1985年):長門裕之×南田洋子 1985年の自著『洋子へ』で女性遍歴が実名で暴露され、会見で「出版社が捏造した。買わないで」と訴えた。認知症になった南田の介護はその罪滅ぼしだったか。◆妻の闘病中に不倫で娘と絶縁!?(2017年):渡辺謙×南果歩 東出の義父にあたる渡辺は妻のがん闘病中に21歳下のジュエリーデザイナーと不倫し、会見で自身を「スキだらけ」と反省。娘の杏から絶縁されたとも報じられた。2018年に離婚。◆浮気夫の懸命な涙も妻には届かなかった(2004年):大鶴義丹×マルシア 2003年に妻の留守中に女性を自宅に招き入れ、帰宅したマルシアと鉢合わせ。大鶴は「マーちゃんごめんね!」と会見で涙ながらに謝罪するも、離婚(2004年)を回避できなかった。◆“クローゼット不倫”後も愛を貫いた(2013年):中村昌也×矢口真里 自宅で浮気相手との逢瀬の最中に夫が帰宅して不倫騒動となり、矢口は全てのレギュラー番組を降板。同年に離婚し、その後2018年に浮気相手だった男性と再婚した。◆神対応で妻を守った「路線バスの男」(2017年):太川陽介×藤吉久美子 藤吉の不倫報道で太川が会見し、「かみさんだもん、僕は信じる」と神対応。数時間後に藤吉も会見し「彼に守ってもらわないと生きていけない」と号泣した。婚姻継続中。◆人間国宝の妻は“下半身スクープ”にも動じなかった(2002年):中村鴈治郎(現・坂田藤十郎)×扇千景 ホテルで舞妓に下半身を露出する写真を写真週刊誌に撮られたが、坂田は「私が元気だってことを証明してくださって」と余裕。扇も「まったく問題じゃない」と平然としていた。婚姻継続中。◆夫の不徳を許して示した“梨園妻”の覚悟(2016年):中村橋之助(現・芝翫)×三田寛子 芝翫襲名を目前に京都の芸妓との密会が報じられ、橋之助は「私の不徳」と頭を下げた。三田も「家族5人で頑張ります」と答えて乗り切った。婚姻継続中。◆飲酒運転で浮上した不倫疑惑でも平謝り(2006年):中村獅童×竹内結子 酒気帯び運転と信号無視で検挙された際に女優の同乗が発覚。会見では「友人の女性」と説明したが、2年後に竹内と離婚。中村は2015年、竹内は2019年に再婚した。※週刊ポスト2020年2月14日号
2020.02.06 07:00
週刊ポスト
大衆演劇のスター・大川良太郎 毒舌な客いじりの根底に愛
大衆演劇のスター・大川良太郎 毒舌な客いじりの根底に愛
 スターと言えば手が届かない存在だと思いきや、“会いに行けるスター”も大人気となっている。そんなスターの一人が、大衆演劇界きってのマダムキラー・大川良太郎(41才)だ。絢爛豪華な舞台と飾らない人柄で絶大な人気を誇る。大川は大阪を中心に活躍する「劇団九州男(くすお)」の座長だ。◆日常の憂鬱を吹き飛ばす華やかさを演出したい 取材当日、500人収容できるホールは満席。観劇後、出てきた女性たちは全員、夢見心地な表情だ。客の見送りに出てきた大川から、「ちょっとあんた、出待ちするならちゃんと並びなさい」「勝手に触るんじゃないわよ、あんた図々しいわね」 といった、ファンへの“毒舌いじり”に、さらに頬を染めていた。「私は舞台に出ると別人になるんです。普段は超高所恐怖症ですが、舞台では3m以上の高さから吊られても平気。終わった後は、怖くて振り返れないんですが(笑い)」(大川良太郎・以下同) 別人格になって演じる大川の世界に、観客はたちまち夢中になる。そんな今の舞台を作り上げるきっかけになった出来事があったという。「30才の時に一度、商業演劇や映画に出させていただきました。外の世界から自分が生きてきた大衆演劇を見てわかったのは、われわれに求められているのは、日常の憂鬱を吹き飛ばす華やかさだということ。それまではストイックに自分の芸を求めていましたが、今は“お客さまファースト”の芸になりました」 冒頭の、“毒舌いじり”も大川の十八番だが、それもお客さまファーストがゆえ。「私を毒舌だとおっしゃいますが、そうではありません。根底にあるのはお客さまへの愛です。愛があるから飾らずに発言できる。私の毒舌は愛のささやきなんですよ」 大川のセクシーな眼光と愛ある毒舌にトキメキのスイッチが入ること間違いなしだ。 ちなみに、素顔は柔和な笑顔のナイスガイだが、「最近、東京ディズニーランドに行ったのですが、遊ぶよりも演出方法に見入ってしまいました」と芸にはストイックだ。【大川良太郎に「一問一答」】●趣味「観劇ですね。ほかの役者さんの舞台を観に行っています」●休日の過ごし方「買い物が好きなんです。最近は、好きなTシャツを色違いで購入する“大人買い”をしました(笑い)」●リフレッシュ方法「5年ほど前から、1年に1回、10日間くらいの休みを取り、旅行に行っています」●ファンからもらってうれしいもの「なんでしょうね…。なんでもうれしいです。お酒をいただくことも多いですね」●舞台で観てほしいところ「舞台に上がると、どんな大胆なこともできるようになります。役者の“スイッチ”が入るんですね。スイッチが入った私を感じていただけるとうれしいです」【プロフィール】大川良太郎(41才)/1978年生まれ。大阪を中心に活躍する『劇団九州男』座長。7才で初舞台を踏む。『淋しいのはお前だけじゃない』(中村獅童主演)など、一般演劇でも活躍。出演映画に『私の叔父さん』、写真集に『Ryo』(小学館)などがある。【公演情報】2019年10月1~29日まで、高槻千鳥劇場(大阪府高槻市高槻町18-5高槻センター街ジョイプラザ2F)にて、12時~と17時~の2回公演を行う。詳細は、劇団九州男の公式サイトをチェック。撮影/WEST※女性セブン2019年10月17日号
2019.10.04 16:00
女性セブン
『いだてん』、存在感が際立つ“Wしのぶ” 別役で再登板も?
『いだてん』、存在感が際立つ“Wしのぶ” 別役で再登板も?
 視聴率低迷に苦しむNHK大河ドラマ『いだてん』だが、注目すべきポイントは実は多い。その演技で存在感を見せているのは、大竹しのぶ、寺島しのぶという“Wしのぶ”だ。時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんが解説する。 * * * 大河ドラマ『いだてん』には、明治・大正期と昭和30年代、ふたつの時代をめまぐるしく行き来したり、語り担当の古今亭志ん生(ビートたけし、森山未來)が毎回出てくるなど、これまでの「大河ドラマ」とは一味違う特長がいろいろある。 しかし、『いだてん』が過去の大河ドラマと一番違うのは、登場人物がかなりのおっちょこちょいということである。そもそも序盤、「大日本体育協会」の嘉納治五郎(役所広司)はほとんどその場の勢いで「参加します!!」と日本のオリンピック初参加を決めてしまう。その嘉納先生に憧れる主人公・金栗四三(中村勘九郎)も、ストックホルム五輪に自腹で参加、8年後のアントワープ五輪の際には、結婚したこともひた隠しにし、勤務していた学校を勝手に辞めてしまう。 このほか、若き志ん生は浜松あたりでフラフラしてるし、四三の親友の美川(勝地涼)は浅草の遊女とワケありで四三の下宿に転がり込んでいる。おろおろ&うろうろ。戦国時代の物語だったら、全員、とっくに切腹か討ち取られていただろう。 そんな男たちのおろおろをどっしりした柱のごとく支えているのが、ふたりの「しのぶ」。四三の養母となった池部幾江(大竹しのぶ)と海外で女子体育を学んできた二階堂トクヨ(寺島しのぶ)である。 幾江は、地元熊本の名家・池部家を女手一つで取り仕切るゴッドマザー。いつも口をへの字にして、髪を結いあげ、和装で男たちににらみをきかせるその姿は、まるで「ひとり犬神家の一族」である。東京で「オリンピックバカ」生活を続ける四三の動向を知るたびに憤慨し、そのうっぷんを近所に住む四三の兄・実次(中村獅童)にぶつけにくる。「さねつぐぅぅぅぅ!!」 地に轟くようなこんな声を大竹しのぶが持っていたとは。あまりの迫力に実次は即座に平謝り。幾江から「まだ、何も言っとらん!!」と叱られる始末。宮藤官九郎の筆は、こういう場面で冴え渡る。 大竹しのぶといえば、1999年の大河ドラマ『元禄繚乱』で、勘九郎の父、故・中村勘三郎演じる大石内蔵助の妻・りくだったことを思い出す。しっかり者の嫁りくは、「しっかりなされませ」とどこかぼんやりした内蔵助のふんどしをきりりと締めつけていた。当時から大河の隠れた柱だったのだ。 一方、寺島しのぶが演じるトクヨは軽やかなダンスなど先進的な女子体育教育を推進しつつ、アントワープで惨敗した日本選手団を糾弾。丸眼鏡が三角に見える勢いでしかりつける。まじめに怒れば怒るほど、なぜか面白い。『アルプスの少女ハイジ』のロッテンマイヤーさんか。 こうなると気になるのは、昭和篇で、Wしのぶを超える「柱」が出てくるかということだ。昭和の主人公・田畑政治(阿部サダヲ)も偉業を遺したとはいえ、現場ではかなりのおろおろ男。きりりと引き締める存在がいないと、ドラマ全体が落ち着かないだろう。 もしかして、またしのぶが別の役で出てくるとか? 先日の回で、森山未來が志ん生一家の三人(志ん生と息子の金原亭馬生、古今亭朝太)をひとりですべて演じたのには、びっくりしたが、それを考えれば、しのぶ再登板などは、どってことない! しのぶはやります。どちらのしのぶも。
2019.06.02 16:00
NEWSポストセブン
竹内結子、藤原紀香、前田敦子、深田恭子 熱愛スクープ4連発
竹内結子、藤原紀香、前田敦子、深田恭子 熱愛スクープ4連発
「将来を話し合う中で『三人一緒になれば、これから楽しくなるね』と、息子が背中を押してくれた」 4才年下の俳優・中林大樹との再婚を決意した理由について、13才になった長男の後押しがあったと明かしたのは女優・竹内結子(38才)。 2008年2月に前夫・中村獅童(46才)と離婚して以来、浮いた噂がなかった竹内に突如降って湧いたのが、今年1月に本誌・女性セブンがスクープした中林との“焼き鳥デート”だった。竹内が甲斐甲斐しく串から肉を外してあげるなど、すでに“長年連れ添った妻”という印象だったが、当時、所属事務所は「事務所の先輩と後輩として仲よくしています」と交際を否定していた。 それからわずか1か月半…。「守るべき家族ができたことで、身が引き締まる思いであるとともに、より一層仕事にまい進する所存です」と連名で誓った新婚さんでした。 竹内結子×中林大樹のツーショットだけでではない。 2月上旬、英ロンドンから帰国した片岡愛之助(47才)が妻・藤原紀香(47才)を連れて向かった先は芸能人御用達の高級焼き肉店。“歌舞伎改革”、“後継者づくり”など、芸の道に邁進する夫を献身的にサポートする紀香はすっかり“えぇ奥さん”のイメージが。「妻には感謝しきれないくらい感謝です。本当にありがとう。そしておつかれさま」。長男を出産した妻・前田敦子(27才)への感謝の思いを自身のインスタグラムに綴った勝地涼(32才)。女性セブンは昨年末、大きなお腹を抱えた前田の姿をフライングゲット!! 主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話(はじこい)』(TBS系)が話題沸騰中の深キョンこと深田恭子(36才)。 劇中では中村倫也(32才)、永山絢斗(30才)、横浜流星(22才)という3人のイケメンたちを翻弄する彼女だが、プライベートでは“不動産界の風雲児”シーラホールディングス会長・杉本宏之氏(41才)に夢中。1月に深キョンの愛犬を抱えて車に乗り込む姿をキャッチした。※女性セブン2019年3月21日号
2019.03.11 17:00
女性セブン
かつてはデート姿も目撃されていたが
竹内結子と結婚・中林大樹、大火事から生還した「奇跡の子」
「何も聞いていませんでした。結婚発表の少し前に電話があって、“結婚することになったけど、かまへんか”と言うから、“まあ、お前が決めたことやしな”と答えました。同じ所属事務所やから気心も知れているやろうし。竹内さんとは一度も会ったことはありません。今度、会ってゆっくり話を聞きたいですね」 竹内結子(38才)と結婚した中林大樹(34才)の父親は、困惑した表情でこう話した。竹内が突然、中林との結婚を発表したのは2月27日。その1か月半前に本誌・女性セブンはふたりのデート現場を報じていた。 1月10日の夜8時、竹内が住む都心の高級マンションからほど近い焼き鳥店。ふたりはカウンターに並んで座り、竹内が焼き鳥の串を外し、その肉を中林が食べるという、“夫婦前夜”の食事風景を目撃していた。食事後、ふたりは時間差で竹内のマンションへと入って行った。 当時、ふたりの所属事務所は「たまたま同じマンションに住んでいるだけ」と交際を否定していただけに結婚はあまりにも唐突で、父親が困惑するのも当然かもしれない。「事務所関係者によれば、その時、ふたりはまだ男女の仲ではなかったそうです。『女性セブン』にツーショットを撮られたことで、恋心に火がついたんだとか。わずか1か月間の交際で、急転直下の入籍には周囲も驚いている」(スポーツ紙記者) というのが当人サイドの言い分。電撃婚はどうやら本誌がきっかけではあるらしい。 人気女優の竹内を射止めた中林とは何者なのか。中林は大阪学院大学在学中の2007年、スペシャルドラマ『めぞん一刻』(テレビ朝日系)で約3200人の一般男性の中からオーディションで選ばれ、伊東美咲(41才)演じるヒロインの相手役としてデビュー。その後も『ゲゲゲの女房』(NHK)や『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)などに出演し、今クールも『グッドワイフ』(TBS系)に出演している。 竹内とは2009年の映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』、2012年のドラマ『ストロベリーナイト』(フジテレビ系)などで何度も共演している関係だ。「中林さんが竹内さんと同じマンションに住んでいると聞いて驚きました。都内でも有数の高級住宅地にあり、分譲だと1億円は下らないし、賃貸でも平均相場は40万~50万円くらいはする。竹内さんの“親友”イモトアヤコさんも住んでいますが、中林さんにとっては少し敷居が高いのでは…」(テレビ局関係者) だが、中林を知る人は、「彼はだいぶ前からそのマンションに住んでいる。実家が金持ちだからね」と明かす。 中林の出身は奈良県中部にある大淀町。「千本桜」で有名な吉野町にほど近い山間の町で、人口は約1万7000人。地元住民の間では、中林は超のつく有名人だ。「大淀町が生んだスーパースターですよ。2年前には町の広報誌の表紙も飾っていて、知らない町民はいない。これまでのどんなドラマや映画の役よりも、今回の竹内さんとの結婚で、地元はすごい盛り上がりです」(地元住民)「大樹くんは背が高くてカッコいいから、中学、高校でもすごく目立っていました。実家は製薬会社を経営していて、町でも屈指のお金持ちですが、大樹くんはそれをひけらかすことのない品のよいお坊ちゃま。 3人兄弟の末っ子で、長男が製薬会社を継いでいます。ご両親は大樹くんがかわいくて、今もできる限りの支援はしているようです」(別の地元住民)◆「とにかく明るい家庭を築いてほしい」 さらに中林は、「奇跡の子」とも呼ばれていたという。「大樹くんが赤ちゃんの時、中林さんの自宅が大火事になったんです。お母さんと大樹くんが2階に取り残されて、1階はすでに煙や炎が充満していた。大樹くんがその中を通るのは危険なので、お母さんが決死の覚悟で大樹くんを2階から放り投げ、下にいた消防団がキャッチしたんです。 その後、お母さんも命からがら脱出して…豪邸が全焼するほどの火事だったから、逃げ遅れた2人が助かったのはまさに奇跡。界隈でこの話を知らない人はいないほど有名です」(前出・地元住民) 母親と消防団のとっさの連携で、まさに九死に一生を得た中林。それだけに彼が『めぞん一刻』のオーディションを勝ち抜いた時には、地元では「やっぱり奇跡の子だ!」という声が上がったという。 短期間で竹内のハートを射止めたあたりも、やはり“持っている”のかもしれない。 だが、家族からしたら“想定外”という思いも…再び中林の父親が言う。「大学は法学部だったから司法書士にでもなると思っていましたが、俳優とは…大樹は毎年、盆と暮れは帰ってきます。いつ戻ってきてもいいようにあの子の部屋もあるんですけどね…」 竹内には最初の結婚相手である中村獅童(46才)の間に13才になる子供がいるが、中林とはすでに意気投合し、「3人一緒になれば楽しくなる」と話しているという。「竹内さんのお子さんのことは知っていますが、それをどうこう言う時代でもありませんし、あの子が承知してやっていることですから応援したい。いつか孫の顔も見たいですけど…とにかく明るい家庭を築いてほしいですね」(中林の父親) 家庭円満は奇跡ではなく必然として──。※女性セブン2019年3月21日号
2019.03.07 07:00
女性セブン
この日は中林との焼き鳥デートだった
息子が受験成功の竹内結子、元夫・中村獅童との関係に変化
 同じ事務所に所属する4才年下の俳優・中林大樹(34才)との焼き鳥デートがキャッチされた竹内結子(38才)。2008年に中村獅童(46才)と離婚して以降、浮いた話はなかった竹内にとっては、久々のロマンスだ。 竹内が獅童と電撃結婚したのは2005年6月。映画『いま、会いにゆきます』で共演し、撮影開始からわずか半年で妊娠。結婚発表のひと月後に入籍し、5か月後には長男を出産した。超スピードできちゃった婚は世間を驚かせた。 しかし、長男出産から1年もたたないうちに離婚騒動が持ち上がる。2006年7月、獅童が酒気帯び運転で検挙され、その際助手席に当時女優だった女性が同乗していたことも発覚した。 竹内はまだ1才にもならない息子を連れて家を出た。条件がなかなか折り合わず、ようやく離婚が成立したのは2008年2月。親権は竹内が持つことになった。「しばらくは泊まりのロケを断るなど、仕事の時間を減らして子供との時間を最優先していました。忙しくても朝6時には起きて息子のために朝ご飯を作っていた。当時はかなり疲弊していたと思います」(竹内の知人) シングルマザーとして子育てと仕事に奮闘する日々が始まった。「教育には特に力を入れていました。息子にはどんな学校が合うのか、そのためにはどの塾に入るべきかと、研究熱心で…。月10万円近い少数精鋭の個人経営の塾に通わせたこともあったとか。個人経営の塾は独自のマニュアルがあるのでお受験向き。でもこういう塾は人気があるので、紹介者がいないと入れません。竹内さんはツテをたどってそうとう探したみたいですよ」(前出・竹内の知人) 親子の奮闘は大きな実を結んだという。「小学校は私立ではなく、公立の中でも評判の高い小学校に入学させたと聞いています。そして昨年、超難関有名私立中学に合格したそうです。偏差値60~70といわれ、倍率も高い人気校ですから、努力されたんだと思いますよ」(前出・竹内の知人) 離婚して10年、息子が中学生になり一つの節目を迎えたといえるだろう。獅童との関係にも変化があった。獅童は2015年に元モデルの女性と再婚。しかし、同年に脳動脈瘤が発覚し、2017年には肺腺がんを患った。「再婚した奥さんとの間に子供が生まれ、病も経験し、獅童さんも変わった部分があるんでしょう。一時は断絶状態ともいわれていましたが、今の奥さんの理解も得ているそうで、息子さんと獅童さんは定期的に会っているようです。竹内さんとしてはさまざまな環境の変化を経てようやく今、仕事やプライベートなど自分に向き合う余裕が生まれたんじゃないでしょうか」(芸能関係者) ふたりの所属事務所は、「事務所の先輩と後輩として仲よくしています。それ以上の関係はありません」と回答した。※女性セブン2019年1月31日号
2019.01.18 16:00
女性セブン
この日は中林との焼き鳥デートだった
竹内結子 「事務所の後輩」4才年下俳優と焼き鳥デート
 竹内結子(38才)が4才年下の俳優・中林大樹(34才)と焼き鳥デートを楽しんでいた──。 多くの芸能人や著名人が住む都内の高級住宅街。緑豊かな広い敷地に建てられた、贅沢な造りのマンションが並ぶ。周囲の店も会員制バーや高級レストランなどが多く、“一見さん”には入りにくい雰囲気だが、そんな中に赤提灯が煌々と輝く、庶民的な雰囲気の店があった。 1月10日夜8時、そのカウンターでおいしそうに焼き鳥をほおばっていたのは、竹内結子だった。「竹内さんは周囲を気にするそぶりも見せず、カウンターで焼酎のロックを飲んでいました。彼女の姿は何度か近所で見かけたことがありますが、いつもは“お母さん”って感じ。あの日は顔がほんのり赤くて、隣の男性を見つめて…艶っぽい感じでしたよ」(居合わせた客) 普段はパンツスタイルなどカジュアルな服装が多い竹内だが、この日は明るい印象の白いストライプのワンピース。ミディアムヘアを後ろで結び、横髪をふんわり巻いていた。そんな“デート仕様”の彼女の隣にいたのは、長身のイケメン。「焼き鳥が届くと、彼が串を持って、竹内さんが箸でお肉を外して…何も言わなくても当たり前のようにそんなやりとりをしているから、いいおつきあいをしている仲なのかな…と。お互いの顔の距離も近いし、すごくいい雰囲気でした。男性がたばこを吸うと、竹内さんは煙を嫌がって手で払っていましたが、その表情もなんだか楽しそうで、見ていて微笑ましかったです」(前出・居合わせた客) 9時前、男性が会計を済ませると、竹内は「ごちそうさまでした」と言いながら、顔の前で小さく手を合わせて微笑んだ。コートをはおると、マスクをしてひとりで店の外へ。自宅マンションへと帰っていった。男性は竹内が帰るともう一服してから、店を後にした。まっすぐに向かったのは、竹内が数分前に入ったマンション。日付が変わっても彼が出てくることはなかった。 2008年に中村獅童(46才)と離婚して以降、竹内に浮いた話はなかった。そんな彼女に寄り添っていた中林はどんな経歴を持つのか。 2007年にドラマ『めぞん一刻』(テレビ朝日系)で、約3200人の一般男性の中からオーディションを勝ち抜いてデビュー。その後も『ゲゲゲの女房』(NHK)や『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)など有名作品に多数出演し、今シーズンもドラマ『グッドワイフ』(TBS系)に出ている。「ディーン・フジオカさん似といわれるイケメンで、竹内さんと同じ事務所の後輩です。2009年の映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』、ドラマ『ストロベリーナイト』(フジテレビ系)、映画『残穢−住んではいけない部屋−』など、竹内さん主演の作品で何度も共演しています。中林さんは年下ですが、竹内さんにタメ口で話すほどフランク。親しいつきあいをしているみたいです」(芸能関係者) 竹内は、今シーズンのドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)で6年ぶりの連ドラ主演を果たした。このデートはドラマの放送日。ふたりは、ドラマの放送を一緒に見たのだろうか。「竹内さんのマンションにたまたま中林さんも住んでいたようです」(中林の知人) ふたりの所属事務所も、「事務所の先輩と後輩として仲よくしています。それ以上の関係はありません」と回答した。※女性セブン2019年1月31日号
2019.01.16 16:00
女性セブン
小泉今日子、大河ドラマで女優復帰の理由は「特にない」
小泉今日子、大河ドラマで女優復帰の理由は「特にない」
「宮藤官九郎さん(48才)のオリジナル脚本で人気の朝ドラ『あまちゃん』のスタッフも集結するとあって、ありえないほど大御所俳優たちの出演がすんなりと決まっていったようです」(NHK関係者) 近年ないほどの豪華キャストが集うNHK大河ドラマが1月6日にスタートした。『いだてん~東京オリムピック噺~』だ。 主演の中村勘九郎、阿部サダヲに加え、綾瀬はるか、竹野内豊、中村獅童、大竹しのぶ、役所広司、ピエール瀧、松尾スズキ、森山未來…星野源、ビートたけし、そして小泉今日子(52才)も出演すると発表された。 たけし演じる落語家・古今亭志ん生の長女にして敏腕マネジャーの美津子役を演じるのが小泉だ。大河ドラマ出演は『峠の群像』(1982年)、『武蔵 MUSASHI』(2003年)に続く3作目で16年ぶり。「第1話から小泉さんもたけしさんも、錚々たる面々が出演するとあって『絶対見る』という業界視聴率はすでにダントツの1位ですね」(テレビ誌記者) とはいえ、小泉は昨年6月に舞台製作などプロデュース業に専念するとして女優休業宣言をしたばかり。しばらくは新規の仕事は受けないと発表していたはずだが…。「突然の“電撃復帰”に何かあったのではないかと、小泉さんの出演発表に報道陣は騒然としたようです。でも、特に何もないんですよ。小泉さんは休業宣言の際、当時上演中だった舞台『お蘭、登場』、昨年9月公開の主演映画『食べる女』、そして『2019年放送予定のテレビドラマ』の3本には出演すると説明していたのですが、そのテレビドラマが、『いだてん』のことだったというわけです」(前出・テレビ誌記者) 小泉は2年ほど前から落語の勉強を始め、昨年5月には古今亭志ん生も口演した落語をプロデューサーとして舞台化している。「下町の文化に造詣があって役柄も彼女に近くぴったりだと、脚本の宮藤さんが熱烈にオファーしたそうです。宮藤さんたっての頼みはさすがに断れないと快諾したようです。すでにほとんどの場面は撮り終えているようですよ」(芸能関係者) 年末の夕方、東京・渋谷にほど近い大通りをひとりで歩く小泉の姿があった。すっぴんで上下黒に青いマフラーというシンプルなファッション。肩には大きな黒のバッグを提げ、クリーニング店へ入っていく。目立つ格好ではないのに、人目を引いていた。 九星気学によると小泉の星は七赤金星。2019年の運勢は、家族も仕事も慎重にすすめる必要がある星回りだという。「充電期間」の小泉を見られる貴重な『いだてん』が楽しみだ。 クリーニング店を出て制作会社の事務所へ向かった小泉。女優だけでなく、裏方の顔ものぞかせた。※女性セブン2019年1月17・24日号
2019.01.08 16:00
女性セブン

トピックス

逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
巨人に13.5ゲーム差でヤクルトが首位独走 「CS開催の必要あるのか」の指摘も
巨人に13.5ゲーム差でヤクルトが首位独走 「CS開催の必要あるのか」の指摘も
NEWSポストセブン
左から主演のオースティン・バトラー、妻役のオリヴィア・デヨング、バズ・ラーマン監督、トム・ハンクス(EPA=時事)
『トップガン』『エルヴィス』大ヒットが示すアメリカの“昭和ブーム”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
TBS安住紳一郎アナ、恩師や先輩アナが明かす“天才的なしゃべり”“のスキル
週刊ポスト
判決が出る前に謝罪動画をYouTubeに公開していた田中聖(公式YouTubeより)
出身地を隠さないアイドルだった田中聖 罪を償い寛解したなら帰る場所はある
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン