• TOP
  • 芸能
  • 騒動に揺れる小林麻耶 その仕事ぶりはプロそのものだった

芸能

2020.12.06 07:00  女性セブン

騒動に揺れる小林麻耶 その仕事ぶりはプロそのものだった

小林麻耶

降板騒動に揺れる小林麻耶

 小林麻耶(41才)が注目の的となっている。朝の情報番組を降板したかと思えば、その経緯をYouTubeでにこやかに語り、その様子が話題に……。彼女はいったいどこへ向かうのか、放送作家の山田美保子さんが分析します。

 * * *

『恋のから騒ぎ』出演からTBS女子アナ内定まで、ブレないキャラ

「小林麻耶チャン、大丈夫かな?」

 この10日余り、どれだけ多くのタレントさんから、このように聞かれたことでしょうか。その顔は、心配で心配でならない……というものばかりで、決して興味の対象としてはいないものだと見受けられました。さらに、「かける言葉が見つからない」と。「大丈夫?」でもなければ「頑張って」でもないというのです。

 かく言う私も今回、麻耶チャンについて書くか否か本当に悩みました。実は麻耶チャンにごく近い何人かのかたと「どうしたものか」とメールや電話でやりとりもしましたが、残念ながら答えには至りませんでした。そうした会話に私が加わっていたワケは、彼女が初めてテレビ出演した『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)で私が構成者のひとりに名を連ねていたからにほかなりません。

 最終オーディションの日のことは、いまでも鮮明に覚えています。明石家さんまサン(65才)も出席し、丸一日かけて100人ほどの“未来の恋からガールズ”と対面する日。麻耶チャンは一緒に受けていたと思われるお友達と隣り合わせで座っていました。

 麻耶チャンは、女性政治家が着るようなパステルカラーのスーツに身を包んでいたせいか、年齢よりもずっと老けて見えました。なのに「年よりも若く見られるのが悩み」と。さんまサンに「年相応に見えるで」と一蹴されると、大きな目をさらに大きく見開いて、「エ~~~!」と高音で叫び、同時に大げさにのけぞった麻耶チャンは「合格」でした。

 果たして年度が替わり8期生(2001年度)として出演することとなった麻耶チャンは、前列の最上手(向かって、いちばん右側)が定位置となり、ほぼ皆勤賞で出演してくれました。

関連記事

トピックス