ライフ

直木賞作家・三浦しをん氏 小説執筆の裏側明かすエッセイ集

三浦しをんさん

三浦しをんさん

【著者に訊け】
三浦しをんさん/『マナーはいらない 小説の書きかた講座』/集英社/1600円

【本の内容】
 アミューズブッシュ(推敲、枚数感覚)、オードブル(短編の構成、人称)から、コーヒーと小菓子(お題、短編と長編)、食後酒(プロデビュー後)についてまで全24皿(!)の書き方講座。〈げふり……。みなさま胸焼けしていませんか? やはり二十四皿は過剰接待(?)だったか。すみません〉と綴るあとがきまで、フレンチの肘張った料理というより、三浦さんの手作り料理をひとり味わったような幸福な読後感が待っている。何度も笑って何度も膝を打つこと間違いなし。

 自分はこれまで、どうやって小説を書いてきたのだろう?。本書は三浦しをんさんが、そんな問いを自らにぶつけながら書いた一冊だ。きっかけは「コバルト短編小説新人賞」の選考委員を14年にわたって続けたこと。隔月ごとに選考会がある同賞の選考で、膨大な量の応募作を読んできた。だが、「そのなかで、もう少しここが上手に描けていたら」と思う瞬間が多かったのだという。

「近年、応募作のレベルは高くなっていて、面白い作品が本当に多いんです。だからこそ、気になる点がある。もう少しだけ小説のコツを知っていれば、がぜん『書きたいこと』が書けるようになるのに──と」

 例えば、物語の人称をどう選ぶか、場面展開で気を付けたいこと、推敲の仕方やタイトルの付け方、さらには「一行アキ」にはどんな効果があるか……。三浦さんはときに自作を例に出しながら、自身の小説の技術を披露していく。そのなかで、繰り返し込めたメッセージは、「小説の“型”を身に付ければ、書くことがより『自由』になれる」というものだ。

「小説にとって書き手の感性は何より大事なものです。でも──」と彼女は言う。

「自由に書くことと感性のままにがむしゃらに書くことは違う。感性はいずれ鈍っていく有限の煌めきです。その有限の煌めきを無駄遣いすると、いつか疲れて書けなくなってしまうでしょう。だからこそ、自分の感性をしっかり活かすために、小説の技術、戦略を知る姿勢が大切だと思うのです」

関連記事

トピックス

除名されたガーシー氏(時事通信フォト・旧NHK党)
《77歳オカンへの愛》ガーシー容疑者、実家ガサ入れに号泣配信「お母さんに会いたい……」「産んでくれておおきに」深い親子関係
NEWSポストセブン
角谷アナにA氏との関係を聞くと「ちょっと急いでまして、すみません」と回答
【入手】結婚のテレ東・角谷暁子アナが友人だけに「イケメンマッチョな旦那写真」を公開していた「生きてこられて幸せです」
NEWSポストセブン
腰をくねらせる筧美和子(2023年1月撮影)
筧美和子が腰をくねらせ道路に倒れ込む…映画『静かなるドン』ホテル街での撮影現場で見せた妖艶シーン
NEWSポストセブン
スマホで電話をかける藤木直人
藤木直人、大東駿介、片桐仁が名門私立幼稚園の舞台にサプライズ出演 「100万円稼ぐ」の言葉に保護者感動
NEWSポストセブン
欲望渦巻く街で行なわれていた狡猾な手口(時事通信フォト)
「テキーラで脱衣ゲーム」「登録者400万人超YouTuberをダシに」摘発された歌舞伎町ぼったくりバー元店員が語った手口
NEWSポストセブン
別居していることがわかった篠田麻里子
《離婚発表》元夫はなぜ篠田麻里子の「言葉を信じる」ことになったのか 不倫疑惑に「悪いことはしていない」
NEWSポストセブン
貴重な証言を得た高橋氏(時事通信フォト)
【山口連続殺人放火事件】5人殺害の犯人と別に「つけ火した悪いやつがいた」村人の証言
NEWSポストセブン
貴景勝
ついに「大関ゼロ」に現実味 「公傷制度の復活」ほかガチンコ時代に必要な相撲改革とは
NEWSポストセブン
行方不明になった隼都さん
《壱岐市高校生が遺体で発見》虐待疑惑の里親を「みんなで支える」教育長の聞き取りに複数の実親が出していた答え
NEWSポストセブン
スッキリ休んで躍進に備える?(写真/ロケットパンチ)
日テレ・岩田絵里奈アナ『スッキリ』終了でも「秋の改編」で期待される「岩田無双」
週刊ポスト
14年ぶり世界一に日本中が歓喜した
【侍ジャパン】次期監督、工藤公康が有力候補も「消極的」か 3年後の世界一に相応しいのは?
NEWSポストセブン
ベンチで存在感をはなつ城石(時事通信フォト)
《WBCベンチで存在感》栗山監督の横にいるイケメン参謀コーチは「フリーターからプロ入り」異色経歴と元妻は人気女子アナ
NEWSポストセブン