• TOP
  • ライフ
  • 直木賞作家・三浦しをん氏 小説執筆の裏側明かすエッセイ集

ライフ

2020.12.09 16:00  女性セブン

直木賞作家・三浦しをん氏 小説執筆の裏側明かすエッセイ集

 一つのテーマをレストランの「皿」に見立てた24のエッセイは、もちろん三浦節全開。小説家の頭の中を覗いているかのような面白さがある。その意味で本書は「書くこと」だけではなく、「小説を読むこと」の楽しさを伝えてくれる一冊でもあるだろう。

「自分ができていない指摘も多いのですが」と笑ってから、三浦さんは言った。

「ただ、自分はどう書いてきただろうと思い返しながら、『こうしたらいいんじゃないか』と書いていると、こんなふうに思いました。やっぱり私は小説について考えるのが好きなんだな、って」

取材・構成/稲泉連 撮影/田中麻以

※女性セブン2020年12月17日号

関連記事

トピックス