芸能

劉備を演じる大泉洋、「役を自らに引きつける」演技の強み

(時事通信フォト)

映画『新解釈・三國志』 は大泉洋ありきの企画だという(時事通信フォト)

 12月11日公開の映画『新解釈・三國志』で主演を務める俳優の大泉洋。これまでコメディからシリアスな役柄まで様々な演技を披露してきた大泉だが、今作ではどんな魅力を発揮してくれるのだろうか。

『新解釈・三國志』で監督を務めるのは、『ヲタクに恋は難しい』(2020年公開)や『今日から俺は!!劇場版』(同)といったコメディタッチの映画で話題を呼んできた奇才・福田雄一。約1800年前の中国、魏・呉・蜀の三国が争う波乱の時代を舞台にした三国志を、“新解釈”で斬新なエンタテインメントとして描き出す。

 大泉は主人公で蜀の英雄・劉備役を演じる。共演者には、福田監督作品ではお馴染みの俳優・ムロツヨシが蜀の天才軍師・諸葛孔明役を、同じく俳優の佐藤二朗が暴君・董卓役を熱演。他にも人気俳優の小栗旬や山田孝之から若手の岡田健史や橋本環奈まで、多数の豪華キャストが出演する。

 同映画について福田監督は、大泉が地元・北海道で芸能活動を始めたばかりの頃から出演していたバラエティ番組『水曜どうでしょう』(北海道テレビ)を引き合いに出しながら、「『水曜どうでしょう』のノリの大泉洋さんが、劉備玄徳をやるっていうのが僕の今回の一番のコンセプト」とコメントを寄せている。

 つまり、大泉がバラエティ番組で醸し出す“ノリ”ありきの映画なのである。そんなキャラクターを前面に打ち出すかのように、11月27日には「劉Tube」と題して大泉が劉備役を演じながらYouTuberとしてもデビューを飾り、脱力感あふれるトークが話題を呼んだ。

『新解釈・三國志』の監督がコンセプトにも掲げた「大泉洋」の魅力とは何か。映画ライターのSYO氏は、役者を二種類のタイプに分類しながら次のように解説する。

関連記事

トピックス