芸能

渡部建『ガキ使』幻のシーンの内容 不倫イジりはなかった?

『ガキ使』幻のシーンは「感動的な笑い」だったという

『ガキ使』幻のシーンは「感動的な笑い」だったという

 新型コロナウイルスに苦しめられたつらい一年だったからこそ、最後くらいは笑いで締めたい。大晦日恒例の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の『絶対に笑ってはいけない』シリーズ(日本テレビ系)を楽しみにしている人も多いだろう。アンジャッシュ・渡部建(48才)もこの番組で笑いものになることで、仕事復帰を目論んだ。しかし、結果、笑えない事態に陥っている。

 渡部は2020年6月に複数の女性との不倫が報じられ、無期限活動自粛中だった。

「日テレ側からオファーがあったことで、半年の自粛で禊ぎが済んだと判断し復帰しようとしたのでしょう。ですが、“多目的トイレ不倫”の謝罪もないまま収録に参加したことに猛烈な批判が巻き起こったのです」(芸能関係者)

 付け焼刃で謝罪会見を開くも逆効果だったのはご承知のとおり。結果、渡部が登場するシーンはお蔵入りになったとされる。果たして、“幻の復帰シーン”はどのようなものだったのか。

「多目的トイレから登場するとの報道もありましたが、実際は渡部さんを支える2人の芸人さんが奮闘する、“感動的”な笑いのシーンだったのです」

 そう語るのは、テレビ局関係者だ。彼が続ける。

関連キーワード

関連記事

トピックス