• TOP
  • 芸能
  • 『STAND BY ME ドラえもん2』 絆を思い出させる名場面

芸能

2020.12.17 16:00  女性セブン

『STAND BY ME ドラえもん2』 絆を思い出させる名場面

 これまでの日常が一変した2020年。人と人とのつながりの大切さを実感する場面も多かったはず。現在公開中の映画『STAND BY ME ドラえもん2』はそんな絆の温かさを届けてくれると話題になっている。

 原作の中でも名作と名高くファンの多い「おばあちゃんのおもいで」をベースにした本作は、のび太としずかちゃんの結婚式当日という「未来」を舞台に、おばあちゃんと“ある約束”をする「過去」、つらいことがあっても一生懸命に生きる「現在」を通し、私たちにやさしさをプレゼントしてくれる。『コロナもあってなかなか会えないおばあちゃんに会いたくなった』『両親ともっと過ごす時間をもちたくなった』など、見た人たちからは“ワクワク”と“ほっこり”な感想がたくさん寄せられている。

 同作の名場面をダイジェストで振り返ろう。

●大切な人を幸せにするために自分が幸せになる

(C)Fujiko Pro/2020 STAND BY ME Doraemon 2 Film Partners

(C)Fujiko Pro/2020 STAND BY ME Doraemon 2 Film Partners

“逃亡”から結婚式に戻り、のび太を信じ続けていてくれたしずかちゃんの隣に座るのび太。そこで語るスピーチでは、“誰かを幸せにするために、自分が幸せになる”というのび太らしい真理が。現代社会ではなかなか難しい“自分らしく生きること”“ダメな部分も認め合うこと”について、そっと背中を押してくれる。

●ダメダメだけどダメじゃない!

(C)Fujiko Pro/2020 STAND BY ME Doraemon 2 Film Partners

(C)Fujiko Pro/2020 STAND BY ME Doraemon 2 Film Partners

 しずかちゃんとの結婚式当日に、“逃亡”したのび太。逃げた場所は……。ケンカも弱くて自分に自信がなくて、それでもジャイアンやスネ夫、大好きなしずかちゃんなど「仲間」がいてくれるからここぞの時は前を向く。自分を支えてくれる人たちの温かさに気づくことで、ちょっとだけ強くなれるのだ。

●おばあちゃんはどんなときでものび太の味方

(C)Fujiko Pro/2020 STAND BY ME Doraemon 2 Film Partners

(C)Fujiko Pro/2020 STAND BY ME Doraemon 2 Film Partners

 子供の頃から泣き虫で弱虫だったのび太。いつもやさしく見守り、そっと寄り添ってくれたのがおばあちゃん。タイムマシンでいきなりやって来たのび太を見ても驚かず、何も聞かず受け入れてくれる。“いつだって自分には信じて待っていてくれる”人の大切さにじんわり。

(C)Fujiko Pro/2020 STAND BY ME Doraemon 2 Film Partners

(C)Fujiko Pro/2020 STAND BY ME Doraemon 2 Film Partners

●自分が生まれた日のこと覚えてる……?

(C)Fujiko Pro/2020 STAND BY ME Doraemon 2 Film Partners

(C)Fujiko Pro/2020 STAND BY ME Doraemon 2 Film Partners

「どうして僕の名前はのび太なんだろう」——過去に戻り自分が生まれた瞬間に“立ち会った”のび太は、命名の理由に思わず涙。自分の名前の意味、そこに両親が込めた思いなど改めて自身の“生きていることの尊さ”に思いを馳せるはず。子供や孫がいる人は、誕生のシーンがよみがえり愛おしい気持ちが湧いてくる。

※女性セブン2021年1月7・14日号

関連記事

トピックス