ライフ

食道がん、肺がんの5年生存率が上昇 治療技術が進化

部位ごとの「がん」の生存率に変化が(イメージ)

部位ごとの「がん」の生存率に変化が(イメージ)

 11月19日、国立がん研究センターは、2010年から2012年にがんと診断された患者約14.8万の症例を集計した最新の「部位別5年生存率」を発表した。

 治療成果は年々上がっており、全部位平均の5年生存率は、68.6%と10年前の64.1%から上昇した。統計調査の責任者で千葉県がんセンター疫学研究部部長の三上春夫医師が語る。

「結果を見るとほとんどの部位で数値が改善していることが分かります。きちんと治療を受ければ、大部分のがんで5年生存率が50~60%を超える時代になったといえます」

 部位別で見ると、5年生存率が最も高いのは前立腺がんの100%で、甲状線がん(92.6%)、喉頭がん(82.0%)が続く(別掲表参照)。

 一方で胆のう・胆道がん(28.9%)、膵臓がん(11.1%)と、部位やステージによっては、まだまだ「死に至る病」であることが分かる。最新の調査結果をもとに、部位ごとにがんの傾向を見ていく。

 まずは男性患者が女性の6倍と多い食道がん。全ステージで5年生存率が10年前の同調査から大幅にアップ。全体でも11.3ポイント上昇し、今回の調査で最も高い伸び率となった。医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師が指摘する。

「かつては予後の悪いがんで知られ、50代で死亡することも多かったが、近年は早期発見・早期治療が可能になりました。術後に誤嚥性肺炎を引き起こしやすい開胸手術に代わり、胸に開けた小さな穴からカメラを通す胸腔鏡手術が普及したためです。

 またこの手術は高齢の食道がん患者に対してはリスクが高いためほとんど行なわれていませんでしたが、手術支援ロボット『ダヴィンチ』により可能になったことも大きいでしょう」

関連キーワード

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン