国内

マスク生活の弊害?「餅を喉に詰まらせる事故」急増の懸念

マスクをすることで、口呼吸になりがちな人は注意

マスクをすることで、口呼吸になりがちな人は注意

 正月料理の定番おせち。黒豆、数の子など縁起がよい料理を重箱に詰めることで「福が重なる」「めでたさが重なる」という願いが込められている。しかし、コロナ禍により複数人で重箱をつつく行為への懸念が生じたことで、「今年はおせちや鍋は止めておこう」という家庭も少なくない。

 だが、「国の分析では、『何を食べたか』ではなく、大声で話すなど、食事の席での『行動』がクラスターの発生要因になるとしている。重箱に詰めたおせちも、取り箸で小皿に取り分けること」(長野保健医療大学の塚田ゆみ子助教)で安心して口にできる。

 おせちに限らず、家族が自宅で食べる正月料理に過度な警戒は不要だ。

「もし家族のなかに無症状の感染者がいて、飛沫が家族の手や食器に付着したとしても食前・食後の手洗い、うがいで感染リスクは抑えられます。口腔内に新型コロナウイルスが入った場合でもウイルスが増殖し、細胞に侵入する前に、うがいや口ゆすぎで洗い流すことができます」(千葉科学大学危機管理学部の黒木尚長教授)

 逆にコロナ対策の弊害で、食事中の“思わぬ事故”が急増する可能性も指摘されている。神奈川歯科大学副学長・大学院歯学研究科長の槻木恵一氏が語る。

「毎年1月には高齢者が餅を喉に詰まらせる事故が頻発し、昨年は約4000件も起きました。加齢とともに唾液の分泌量が減ることや、噛む力が衰えることが原因ですが、コロナ対策でマスクを常にしていると口呼吸になりがちで、さらに唾液量が減って餅を詰まらせやすくなる可能性があります。

 対策としては普段から口を意識して閉じたり、唾液腺マッサージを行なうこと。餅を食べる場合も、よく噛んでから飲み込めば、唾液とよく混ぜ合わされるため餅の粘着性も弱まりますので、リスクを減らせると考えられます」

 今年こそ要注意だ。

※週刊ポスト2020年12月25日号

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン