芸能

高田文夫氏 伯山、渡部など2020年の「笑芸」世界を振り返る

2020年もいろいろなことがあった「笑芸」

2020年もいろいろなことがあった「笑芸」

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、2020年の「笑芸」の世界を振り返る。

 * * *
 この号が年内は最後だときいていたので2020年でも静かに振り返ろうかなと思っていた矢先、大衆芸能の世界でたて続けに訃報。陽気な私がまたまたショボーン。

 講談界では初の人間国宝となった「怪談の貞水」こと一龍斎貞水(81歳)。伯山の活躍で講談界が少しずつスポットを浴びていくのを見て、少しはホッとされて逝かれたのでは……。

 そこへ“小松のオヤブンさん”小松政夫さん(78歳)が亡くなったとの知らせ。私世代(ガースーと同い年・72歳)は『シャボン玉ホリデー』で植木等の弟子として出てきた頃から見ている。伊東四朗との呼吸のあった名コンビぶりも芸能史に残る大傑作。「どーかひとつ」「あんたはエライ」「もうイヤ、こんな生活」「知らない、知らない、知らない!」「しらけ鳥音頭」そして「電線音頭」の名司会者、小松与太八佐衛門。想い出すだけでおもしろくなってくる。板前役など俳優としてもとても良かった。

 その翌々日は大阪の“横山ホットブラザーズ”の長男であるアキラさん(88歳)が死去された。ノコギリを曲げて楽器にし、叩いてみると“お~ま~えは~、ア~ホ~か”ときこえてきて爆笑という、浪花名物の芸である。

 と、ここまで書いてきたら今ニュースが。「浅香光代(92歳)死去」やっぱり寒さのせいもあるのか、年輩が亡くなっていく。私がつかんでいるニュースではあの人とあの人も危ないという噂もチラホラ。皆なんとかこの冬を乗り越えて欲しい。

 コロナしかなかったこの一年、「笑芸」の世界を密に振り返るとまずこの三ツ。神田伯山の真打昇進襲名披露、志村けんさよなら、そしてアンジャッシュ渡部の胸クソ悪いあのニュースである。多目的トイレと言いながらあいつの目的はたったひとつだった。相方の児嶋が売れるというスピンオフも。

関連キーワード

関連記事

トピックス

赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
Aクラスとの差が開いてきた立浪中日(時事通信フォト)
遊撃起用の高橋周平が拙守連発 中日・立浪監督の采配に「迷走している」の指摘
NEWSポストセブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
バラエティでの活躍が目立つ竹内由恵アナ(時事通信フォト)
竹内由恵アナ バラエティ引っ張りだこなのに「古巣」に出ない理由
NEWSポストセブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン