芸能

サザン、尾崎豊を輩出した青学 その土壌を作った筒美京平さん

早見優、岩崎宏美

筒美京平さんの楽曲でヒットを飛ばした早見優、岩崎宏美が想い出を語る

 2020年10月7日、誤嚥性肺炎により逝去した筒美京平さん(享年80)。青山学院大学の大先輩でもある名作曲家の訃報に放送作家でコラムニストの山田美保子さんにとっても、ショックが大きかったという。

 そんな筒美さんの楽曲を見事に歌いこなし、大ヒットを生んだのが岩崎宏美(62才)と早見優(54才)。山田さんが2人の歌手を招いて、筒美さんとの想い出を語ってもらった。

サザンや尾崎を排出した青学の土壌は先生が作った

山田:筒美先生との最大の想い出をお聞かせいただけますか?

岩崎:やはりレコーディングですね。ロサンゼルスで先生のお誕生会をしたこともありました。先生はとにかくオシャレでいらして、ダブルのスーツに太めのネクタイが本当にお似合いだったんです。それも黒とか紺ではなくて、茶のツイードにからし色のパンツを合わせていらして、靴は必ず焦げ茶。でもサイズが24.5cmくらいと小さくて、「なかなか数が入って来ないから、いつも田邊の昭ちやん(田邊昭知さん=田辺エージェンシー代表取締役社長)と取り合いになるのよ」と(笑い)。

山田:オシャレなかただったというエピソードは本当に多いですよね。実は私は青山学院の初等部から大学までの後輩なので、学校から届く冊子に出ていらした先生の写真を拝見して、なんて素敵な先輩なんだろうと。青学はサザンオールスターズや原田真二サン(62才)、尾崎豊さん(享年26)、Dragon Ashなどなど多くの著名なミュージシャンが在学していたんですけれど、そうした土壌も先生が作ってくださったのだと信じています。

岩崎:白のメルセデスに乗っていらしたのもカッコよかったですよ。実は先生は免許をお取りになったのが遅くて、私と仮免許取得の時期が同じだったんです。晴れてふたりとも、免許を取ることができて青山通りなんかですれ違って「先生~~」って声をかけると、すっごくうれしそうな顔をなさって。シャイだけれど、とってもチャーミングなかたでもありましたね。

山田:クルマに関しては、先生の訃報に際して『ラブ・シュプール』『抱きしめてTONIGHT』など約50曲もの楽曲提供を受けた田原俊彦サン(59才)がブログで「品のあるたたずまい」「真っ黄色なポルシェに乗って颯爽と帰っていく」と綴られていました。

早見:うらやましい。トシちゃんとはデビューが2年しか違わないのに、私は先生にお会いしたことがなくて。

岩崎:エ~~~ッ!

早見

筒美さんとの対面は実現しなかったと明かした早見優

構成/山田美保子
『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『バイキングMORE』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。

撮影/田中智久

※女性セブン2021年1月7・14日号

筒美京平さんの思い出を語る岩崎宏美

筒美京平さんの思い出を語る岩崎宏美

関連キーワード

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン